LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

理想の生活をデザインする

当たり前のことをコツコツと。

最近、本田健さんのYoutube動画をちょこちょこ見ている。 本田健がバシャールから学んで20年間実践してきた5つのこと I KEN HONDA I 第453回「自分のブランドを高めるためにできることは?」本田健の人生相談 ~Dear Ken~ | KEN HONDA | 本田健さん、本…

自分が求めてるものを先取りしよう。

お金のために働かなくていいとしたら、なにをする? 理想の1日ってどんな感じ? 理想の1週間ってどんな感じ? 理想の1ヶ月ってどんな感じ? 理想の1年ってどんな感じ? 何時に起きて、何時に寝たい? どんなところに住みたい? どんな家に住みたい? どんな…

情報の質を高めよう。

ついに、「石原明の経営のヒントプレミアム」の年間定期購読をはじめた。 ishihara-akira.com 無料のポッドキャストの番組を全部聞き終わってからにしようって、勝手に決めて、年末に聞き終えたので、無事の購入。 ・・・で、感想だけど「もっと早く聞いてお…

許可を求めるのはやめよう。

なにかをはじめるときに、いちいち誰かの許可を求めるのはやめよう。 その許可が出たからといって、結果が保証されるわけじゃない。 最終的には自分でやると決めて、自分で責任をとると決めて、エイヤ!ってやるだけ。 一歩を踏み出すときに、確かに怖さって…

優先順位を決めよう。

人って面白いもので、優先順位が変わると、行動が変わる。 つい最近まで「靴が欲しい」とか「服が欲しい」とか色々と欲しい物を考えたり、物色したりしてた。 だけど年末に「2020年は、ガンガン稼いで、貯める1年にする!」って決めてから、なにを見ても「今…

2020年やりたいこと・やりたくないこと

2020年なにをやりたいか、どんな1年になったら最高か。 収入、仕事、キャリア、ビジネス、家族、自分自身のあり方などなど。 2020年の大晦日にワープしてみて、振り返ってみる。 最初は、今年もラグビーをいっぱい見に行きたいな〜って思ったけど、それより…

10年計画を考えてみよう・実践。

複数年計画を立てるといいって書いたけど、 実際に自分で、自分の複数年の計画を考えてみると面白い。 www.unokazuyasu.com 正直、最初は、漠然としたイメージしか思い浮かばない。 俺も、最初は全然イメージが浮かばなかったから、2023年にフランスで開かれ…

10年計画を考えてみよう。

三が日も今日で終わり、明日から仕事という人も多いと思う。 さて、今年の目標や計画は立てたかな? じゃあ、来年は? 再来年は? 5年後は? 7年後は? 10年後は? 1年間というスパンで考えると、できないことって、正直多い。 でも、それが10年になったら、…

モノと豊かさ、エネルギー。

先日の記事で書いたけど、2019年は、思いっきり使って、最高の1年になったから、2020年は、逆に、思いっきり貯めて、最高の1年のしようと決めた。 www.unokazuyasu.com そう決めて、2020年が実際に始まって、すでにこの間、いろいろと服とか靴とか見に行った…

引き上げてくれる人を大切に。

あなたを引き上げてくれる人を大切にしよう。 あなたの力を、あなた以上に信じ あなたの持つ力がしっかりと発揮できる世界を、あなた以上に想像し あなたが、自分でできると思っている以上に、もっとできると言い聞かせてくれる そんな人を大切にしよう。 そ…

2019年やりたかったことの振り返り。

振り返ってみると、今年は、ちょこちょことやりたいことを考えたりしてたので、どこまでできたのか振り返り。 www.unokazuyasu.com 7月2日の段階で、今年やりたいことを考えてたけど、それが 1.ラグビーワールドカップ『日本vsロシア』を現地観戦した 2.…

楽しいことをつづけよう。

できることを増やすには、時間をかけないといけない。 時間をかけるためには、時間をつくらないといけない。 時間を作るためには、工夫をしないといけない。 自分と向き合う時間やインプットの時間の凄さを実感して、そういった時間をしっかり作ろうと考えて…

段取り八分か、行き当たりバッチリか。

予定とか、目標とか、夢とかを考えて、それに向かって進んでいくのがいいか。 あるいは、そんな先のことは考えず、今、目の前のことを楽しむことに集中するるほうがいいか。 前から、どっちがいいのかな〜?って、いろいろと考えてきたけど、どっちかを選ん…

理想の自分に相談しよう。

今、自分がどこへ向い、何になろうとしているのか。 それを意識しなくとも、日々は生きられるわけだけど、理想とか目標とかある人は、ある程度意識した方が、日々の充実度は上がる。 仕事、経済、健康、人間関係、ファッションといった、ありたい自分の姿が…

インプットの質の見直し

昨日、思考の時間を久しぶりにまとまった時間がとれたことを書いた。 www.unokazuyasu.com 書くのを忘れてたんだけど、そのときにやったことの1つが、インプットの質の見直し。 自分がありたい姿をイメージして、その自分をインストールして、その理想の自…

思考の時間・実践。

昨日は、自分自身と向き合う、考える時間・思考の時間をとることについて書いた。 www.unokazuyasu.com 俺自身、細切れで考える時間はとってたんだけど、久しぶりにまとまった時間を、この思考に当てることができた。 ちなみに、どんなことを考えたかという…

自分のご機嫌とりをしよう。

自分が機嫌よく過ごすこと以上に大切なことはない。 だからこそ。 自分の機嫌を、人任せにしない。 自分の機嫌を、結果任せにしない。 自分の機嫌は、自分でしっかりとる。 独身だろうと、結婚生活だろうと、家族との生活だろうと、関係ない。 自分の機嫌は…

労働・仕事・活動のバランスを考えよう。その2

昨日、中田あっちゃんのYoutube大学の哲学編で話されてた「人間らしさ」について書いたけど、これについてさらに、実際の行動を挙げて、具体的に考えてみる。 www.unokazuyasu.com ①労働=お金稼ぎ ②仕事=自己表現 ③活動=公共のための仕事 というくくりが…

労働・仕事・活動のバランスを考えよう。

ふと見始めたら、見事にハマった、中田敦彦のYoutube大学。 www.youtube.com 古事記のやつを見始めたら、めっちゃめちゃわかりやすい上に、めっちゃめちゃ面白くって、日本史関連の30個ほどの動画を見終えて、もうすぐ世界史の60個ほどの動画も見終わるw 【…

世界のやさしさに気づこう。

自分が持つ「前提」によって、自分の世界の生きやすさは変わる。 「〇〇すると嫌われる」 「〇〇しないと嫌われる」 「〇〇しちゃいけない」 「〇〇しないきゃいけない」 みたいに、条件つきで認められる、愛されるっていう前提の中で生きてると、自分の行動…

理想を考えよう

数日前から、自分の理想の1日を考えている。 少し時間をとって考えるんだけど、なかなか「これが理想だ!」っていうほど、ハッキリと明確になっていない。 やってみるとわかるけど「休みがほしいな〜」なーんて普段思っているくせに、その理想を考えるとな…

メンタル×実務のバランスを整えよう。

セルフイメージとか、メンタルとかって、たしかに大切。 それが行動のベースになるわけだからね。 だから、なにかしら現実的に結果を出すとかってなってくると、ある一定のレベルまで、自分のセルフイメージやメンタルの状態を上げていくことは、その第一歩…

自分のためだけの時間を取ろう。

久しぶりに、自分自身と向き合う時間をとった。 ほんの1時間ほどだったけど、この「ひとりの時間」をとったことで、ここ最近、ひとりの時間が全然足りてなかったことに気がついた。 仕事の時間も大切だし、家族との時間も大切だし、友人と過ごす時間も大切。…

ネガティブからポジティブを見出す

目の前に起こっている現実自体に良し悪しはない。 例えば、あるニュースを聞いて喜ぶ人がいれば、反対に悲しむ人もいて、はたまた、無感情な人もいる。 俺自身や、あなたの目の前に起こることも同じで、絶対的なものってない。 ・・・と頭でわかってても、目…

夢はリアルに考えよう。

先日、4年後の予祝について書いたけど、それを早速修正することにした。笑 www.unokazuyasu.com 上の記事では「今回のW杯では、2試合を見たから、次はもっといい席で、もっと見たい」って思って、プール戦+準々決勝の5試合を目標って思って書いたんだけ…

欲のパワーを活かそう

ラグビーワールドカップ日本大会の開会式、そして、開幕戦の観戦に行ってきた! 最高の瞬間を味わってきた 「祭典」っていうけど、ほんとお祭り騒ぎで、開始数時間前からどんちゃん騒ぎって感じだった。 今回は 、人生初のワールドカップ観戦で、カテゴリーD…

夢リスト更新

誰しもそうだけど、今の自分は、過去の自分がイメージした通りの自分。 収入も、住んでる場所も、家族も、環境もすべて、自分のイメージ通り。 だから、今の自分を考えたときに「もっとここがこうなったらいいな〜」っていうところがあるのなら、それをどん…

欲から考える〜毎日を楽しくする宇宙一シンプルな方法〜

毎日を最高に楽しくするための王道。

理想の生活をデザインする2

理想の生活を考え、実践し、2週間やってみてわかったこと

理想の生活をデザインする

朝4時に起きるようになって、1週間がたった。 今の所、メリットだらけだけど、この感覚を書き残しておこう。 きっかけは、船越康弘さんの本の一節に「早寝早起き」を推奨することが書いてあったからという、単純なもの。笑 www.unokazuyasu.com この本を読…