LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

考え方からの健康

3日間ネットに触れなかった結果

宣言通り、3日間インターネットに触れない生活をしてみた。 www.unokazuyasu.com 結論からいうと、3日間、ものすごく充実した。 そして、元気を取り戻した感覚。 朝は5〜6時に起き、夜は22〜23時には寝る健康的な生活。 そして、インターネットに触れる時…

過剰と過少を減らそう。

基本的に健康を害する原因は、過剰と過少。 なにかが、多すぎる。 なにかが、少なすぎる。 そういうときに、体は、その異常を、異変として教えてくれる。 体重が増える、朝スッキリ起きられない、肌が荒れるなど、そのメッセージの内容は多岐にわたる。 でき…

今こそ、体に意識を向けよう。

連日のコロナ報道。 そのネガティブな情報に触れているだけで、影響は出る。 正確に言うと、そういったネガティブな情報に触れ「つづけて」いると、影響が日に日に出てくる。 心と体はつながっているわけで、四六時中、不安な状態になっていることって、もの…

自分に入れる情報を制限しよう。

「混乱期こそ、情報が大切!」 そう思い、今の自分に必要な情報があるんじゃないか?と血眼になって、いろいろな情報を毎日探してきた。 www.unokazuyasu.com 上の記事に書いたように、意識的に情報をいろいろと集めはじめて、1ヶ月くらい経った。 その結果…

感度を上げる良し悪し

触れるものによって、自分の体の感覚がどのように変化をするのか、しっかりと感じ、味わうという、自分の体感覚を上げるトレーニングをはじめた。 ちなみに、こういうトレーニングをしていくと、いいことばかり起こるわけじゃない。 繊細さはときに過敏さに…

腹感覚を意識しよう

体は嘘をつけない。 食べたいと思って食べたものでも、もし、今の体に合わないものであれば、その毒を排出しようと頑張ってくれる。 今日から、体に合うもの、合わないものを、自分の体の感覚で判別するっていう練習をしはじめた。 それによって、逆に、一体…

痛みの捉え方を変えよう。

お散歩習慣がはじまって3日が経過。 散歩の途中で、河川敷の階段でダッシュしたり、公園で懸垂をしたりっていう筋トレも追加しているので、以前に感じなかった筋肉痛が出ている。 朝、起き上がるときに痛ければ、椅子に座るときも痛いし、歩いてても痛いし…

菌やウィルスは敵?

俺が個人的にフォローをしている人で、吉田俊道さんという方がいる。 この方の考え方がとっても面白くて、理にかなってて、受け入れやすい。 最近は、インフルエンザやコロナなどに恐怖を感じてる人も多いだろうから、そんなあなたは、まずは下の記事を読ん…

自分をいい状態に保つ方法。

秋山ジョー賢司さんのポッドキャストを先日から聞きはじめたと書いたけど、ガンガン聞き勧めている。 www.unokazuyasu.com 最新の239回から聞きはじめて、もうすぐ30回分くらい聞いてるから、なかなかいいペース。 このままいけば、今月中には1周目は…

居心地の悪い空間で成長しよう。

圧倒的なスピードで勉強して、成長して、結果を出してる人の側にいることって、すごく幸せで、すごく刺激的なんだけど、ときに、もの凄い心地悪さも覚えることもある。 というのも、無意識に自分と相手とを比較してしまい、自己嫌悪に陥ってしまったり、相手…

不安・恐怖を具体化しよう。

楽観的で、ポジティブな思考や考え方が世間的には喜ばれ、不安なことを考えたり、ネガティブな思考って、一般的には推奨されない。 でも、実際には、この不安やネガティブな思考ってすごく大切で、この不安やネガティブとしっかり向き合うことで、これから進…

体の反応と生活の改善。

「 体」という結果を見ながら、生活を改善しようって話を書いた。 www.unokazuyasu.com じゃあ、実際にそれはどんな感じでやるかっていうと、1ヶ月ほど前の俺の話を例として紹介しよう。 1ヶ月ほど前、ふと自分の指を見ると、ささくれがあった。 気にしな…

いつでも体は正しい。

「体」という結果に起こることは、すべて正しい。 口角炎や口内炎ができたのなら、ビタミンB群が不足したのだろうし。 がん細胞が増えたのなら、体温が低かったり、酸欠状態がつづいたりしたのだろうし。 お腹が固いのなら、よく噛まなかったり、腹に据えか…

不調・症状が出る理由。

ふと見てたFBのタイムラインに面白いものがあって、見ちゃった。 おのころ心平さんと、バシャールの対話の動画。 www.youtube.com 「アトピーであることをどう捉えるか?」っていうお話なんだけど、原因についても触れられてて面白い。 動画の中で語られてる…

本音で話そう。

本音で言うのってかっこ悪い気がしたり、大人っぽくない感じがしたり、ちょっと躊躇してしまいがち。 だけど、その本音を腹に隠しつづけて生きていると、ささいな溜め込みが積もり積もったときには、病気に変わることもある。 「本音で言ったらどう思われる…

「制限」や「我慢」を選ぶ癖をやめていこう。

今日は、久しぶりに本屋に行って、気になったコーナーに足を運び、目についた本を手当たりしだいに読み、最終的に、心に響いた本を2冊購入した。 本屋が好きで、満足するまで何時間もいることなんて今までザラだったんだけど、こんなに、本屋で心置きなく時…

心の栄養足りてる?

食事、睡眠、運動を意識したとしても、その生活の中に、自分のワクワクがないと、健康的ではない。 というか、きっと、無力感というか、脱力感というか、向上心が出てこない感じで、違和感をすごく感じるはず。 「なにやってるんだろう?」 「こんなはずじゃ…

イライラの取説。

イライラするのって、人の言動に対してイライラしてるようで、本当は「その人に対して」じゃなくて、自分自身へのイライラだったりする。 自分の目の前の起こった現実に対して、自分が自分らしく振る舞えなかったことに対してイライラしてる。 ちゃんと断れ…

モヤモヤをやめよう。

モヤモヤしたり、メンタルが落ちるときがある。 誰かの言ったことや、やったこととかが理由や、キッカケなように見える。 でも、それはフェイクで、その根本には、あなた自身が「モヤモヤしたい」「メンタルを落としたい」という気持ちがある。 もしかしたら…

健康の心技体。

スポーツや武道で「心・技・体」って言われるけど、考えてみると、健康にも当てはまる。 呼吸、食事、考え方、体の使い方、環境の5つで健康はコントロールされてるわけだけど、それをあえて分解すると・・・ 心・・・思考、考え方、セルフイメージ 技・・・…

お金の扱い=自分の扱い。

目的なく貯められなかったはずの自分が、少しずつだけど貯められるようになってきた。 意識の変革なく、行動の変革ってないから、自分自身でもお金に対する考え方が変わってきたような気がする。 ってことで、昨日に引きつづき「お金に対する考え方ってどう…

愚痴も悪口も吐き出そう。

愚痴とか悪口とか、言わないほうがいい。 そんなことは分かっている。 それでも、生きていれば、言いたくなるほどの理不尽なことが起きたり、ムカつくやつが目の前に現れたりすることはある。 そんなときは、しっかり怒りを出そう。 ・・・といっても、その…

怒ってる人から離れよう。

機嫌の悪い人からは、すぐに離れよう。 怒ってる人は、自分勝手に、怒りたい気分だから怒ってるだけ。 あなたの行動とその人の感情は、一切関係ない。 大前提に、それを頭に入れておこう。 だって、もしその人が宝くじ3億円あたった状態で、同じことで怒る…

人の振り見て、我が心、見直そう。

「人の振り見て我が振り直せ」とはよく言われる。 「反面教師にしよう」っていう意味だね。 ただ「人の振り」を見たとき、もし、あなたの中で、怒りや悲しみ、落胆といった、ネガティブな感情が出てきたら、そのときは、その人をどうこうしようとするんじゃ…

ムダな時間を楽しむ。

生産性をあげることは大切。 こと、仕事に関しては、その意識はめちゃめちゃ大切。 自分の給料が一体いくらかかってて、それに見合うだけの3倍の利益は出せているのかとか、考えながら、経営者感覚で働くことは、ホントに素晴らしいこと。 ただ、いっつもこ…

食事の乱れは、心の乱れ。

自分の食生活と、自分の心の状態をよ〜く見てると関係が見えてくることがある。 例えば、俺の場合。 お菓子とか、ラーメンとか、ジャンクなものを食べたくなるときがあって、そういうときは決まって、自分の心が満たされていない状態。 逆に、心が平穏な状態…

動物を見習おう。

人間も動物だから、食生活や睡眠、体の動かし方といったものは、動物を見習うといい。 すべてが人間にもマッチするわけじゃないけど、彼らから学べる点は多い。 というのも、健康に関係する情報って、いろいろあって、ある程度、自分の中でフィルタリングを…

スタートは環境づくりから。

お菓子やジュース、お酒とかって、美味しいし、習慣的にとってると、なかなかやめられない。 というのも、実は、お菓子やジュースとかって、そもそも、パッケージを見ただけで、それを摂取しているときと同じように快楽物質が脳内では、分泌してしまう。 パ…

体は常に正しい。

体の反応は常に正しい。 なにかをしたときに痛みが出るのも、がん細胞ができることでさえも。 原因があって結果があるから、体の反応という結果は、なにかしらの原因があることを教えてくれているだけ。 痛みとか不調って、たしかに嫌な感覚ではあるんだけど…

罪悪感なく生きてる人を見習おう。

同じ行動をしていても、かたや自分責めをしてしまう人、かたや、全くなにも感じない人といる。 これは、これまで生きてきた中で培ってきた考え方、価値観によるものだけど、正直、自分責めをして、いい気分になる人はいない。 心配性の人が病気になりやすい…