LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

インプットとアウトプットは比例するのか?

インプットとアウトプットは比例すると言われてるけど、本当だろうか?

 
ブログにおいて考えてみると、これはかなり合っている気がする。
 
今の僕で言えば、That Sugar Bookを読み、それについての記事をいくつか書いているけど、果たして、ブログというアウトプットの手段を持っていなかったら、いくら好きなこととはいえ、ここまでしっかり翻訳してまで読み込んでいたかどうかは、正直わからない。
 
他のブログを書き続けている人たちも、意志的か無意識的かは別にして、常にインプットは、し続けているはず。今まで貯めてきたものだけでアウトプットをし続けることは出来ない。いつかは枯渇するときが訪れる。
 
人と会う、旅行、本、マンガ、セミナー、ガジェット…なんでもいいけど「ブログのネタに…」と色々やるのもインプットの1つだし、それがいい言い訳となって普段行かない世界に行けるのも悪くないなとも感じる。
 
ブログというアウトプットの場を設けたことによって、僕のインプットの形は少しずつ変わりつつあるように思う。今まで自分の頭の中の理解のみで完結していたものを、「言語として外に出す」という行為を前提に行うと、その理解度にも大きな差が出る。また、実感していないだけで、他にも影響を与えている行動もあるだろう。
 
なんとなしに始めたこのブログというツールが、少しずつ僕の人生に影響を及ぼし始めたのかもしれない。まだまだ旅路の途中だけれど、ますます面白くなってきた。