LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

健康のジェネラリスト

食で健康を維持だったり、向上させようと思えば思うほど、動からのアプローチの必要性や、食だけにこだわるアンバランスさを最近は感じる。

 
例えば、日々を生きているだけで、腰痛や膝痛などを身体のどこかしらに痛みや異変が起こることは多々ある。現に僕自身も腰痛の症状が出ることがある。こういった状態の人はたとえ病気でなくとも、自身を健康だとは思えないだろう。
 
こういった類の不具合を食事で対処出来るかどうかはハッキリとは分からない。ただ、どちらかといえば動からのアプローチーすなわち、整体やカイロプラクティックなどの方が反応は早い気がする。
 
息・食・動・想・環が健康に関わる5大要素だけれど、僕がなるべき姿は、食だけに捉われない、他の4要素をも内包した、もっと高次元のハイブリッドモデルー健康のジェネラリストなのだろうか。
 
そんなことを考えながら、人生7ヶ年計画を立てている。