LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

あなたが不健康であることは世界に対する損失である。

"世界"などと言うと、話が大きくなっているように感じられるかもしれない。

しかし、狭義で見ても、広義で見ても、これは正しい。
 
そもそも"世界"というものの捉え方が人によって異なるので、幾つか考えてみよう。
 
まずは一般に言われている「"客観的世界"などなく、一人ひとりが違う世界を生きている」としたとき。
 
この時、あなたの世界はあなただけのものであるから、あなたが不健康であれば、その世界は不健康に毒された世界が出来上がる。この”あなた(だけ)の世界”にとって不健康であることの損失は計り知れない。なぜなら、あなたの状態が全てだからで、直接的な損失を生み出す。
 
さて、今度は仮にみんなが同じ世界を見ていると"仮に"考えてみよう。
 
「一は全、全は一」あるいは「風が吹けば桶屋が儲かる」もしくは「縁起」とか「波動」なんていう人もいるかもしれないけど、この時もあなたが不健康であれば、自分自身にはもちろん、それがありとあらゆる形で波及し、世界へと悪影響を及ぼし、直接的にも間接的にも損失を生み出す。
 
さらに視点を変えてみよう。
 
スティーブ・ジョブズが亡くなったときに、世界の損失だと嘆いた人は多くいたことだろう。あなたも自分自身をそんな1人と捉えてもいい。これは人によっては萎縮してしまうけれど、僕のブログの読者ならば、分かりやすく上の2つよりもしっくり来るかもしれない。もし今、そういった人物で仮に無くとも、未来に損失が生み出される。
 
「自分が変われば世界は変わる」というのは「自分が変われば"自分の"世界が変わる」が本質的には正しい。ただ、その道の先に「自分の世界が変わると周りの世界も変わり始める」という続きがある。
 
このルールを知っている人だけが、世界を変え続けているんだろう。
 
「健康へ対する意識の有無が、目には見えない利益や損失を生む」ということに気づいている人は、もう始めている。
 
まずは、あなたがあなた自身を健康にすることで世界は変わる。
 
自分の意識によって世界が変化するという実感を楽しみましょう。