LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

Soylent

今更ながら知ったけれど、Soylentなるものがアメリカで話題になっているらしい。「これさえ食べればいい」という完全食。

wired.jp

 

こういう記事を読む度に、僕らはSFの世界がどんどん現実になっていく世界に生きているんだなと実感する。

 

さて、本題。「遺伝子組み換え作物やこういった食品は果たして人体にどう影響するのか?」というのは常に議論になるところ。単純に「食事=エネルギー・栄養摂取」と捉えている人にとっては理想的かもしれないけど、実際はそうじゃない。

 

※この辺は以前のエントリーを御覧ください。

nazukusouya.hatenablog.com

 

僕を構成する情報の一部にこのSoylentを入れたいかと聞かれたらNoと答えるのだけれど、実際にこれが世界の食糧危機を救う手立てになる可能性があることを鑑みると、その全てを否定は出来ない。

 

ただ、イメージとしては原子力と似たようなものとして、僕は捉えている。

いいものだとして、果たして人間に全てコントロールが出来るのかどうか。

 

今回のSoylentに限らず、科学が進歩すればするほど、自分で考えても答えの出ないことは増えていく。「じゃあ、なにを元に判断をすればいいのか?」と言えば、最終的には自分自身の持つ「直感」しか無いのだと思う。

 

嬉しいか?楽しいか?わくわくするか?

 

そう聞いてみて、「Yes」が返ってきたものを選択していくべきなんだろう。