LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【人体実験】糖質源:野菜

恒例の人体実験シリーズ。


今回は、糖質源を米から野菜のみに変えてみた。メインに取り入れたのが、サツマイモとカボチャ。ご飯を食べなくする代わりにこの2つの分量をガッと増やしてみた。両方で1日300-400g程度。
 
早速、結論…というか、僕が感じた変化を挙げていきましょう。
 
1.満腹感・空腹感が緩やかで穏やか
白米を食べているときは両方とも感じ方が急で強いことが多かったけど、緩やかで穏やかになった。特に顕著だったのが空腹感。繊維が多いことやGI値の差が原因かな?
 
2.痩せた
意図せずして痩せてしまった。白米の時と比べて、食事としての満足感は変わらなかったけど、カロリーは低かったみたい。
 
3.調理の手間が減る
ご飯を炊かずに済み、他の野菜と炒めたり出来るという点は地味だけど、僕にとっては大きなプラス。
 
…ということで、今回の方法はダイエッターにはオススメかもしれません…が、僕は体重が落ち過ぎてしまったので、再び白米生活に戻ります。今の僕には合いませんでした。でも、また1つ自分について知ったということでよしとします。苦笑
 
人体実験シリーズ、不定期で(多分)続きます。