LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【考察】最近の食生活と健康法

自他ともに認める極端な性格のため、僕の食生活を見ている人がいたらきっと混乱すること必至だろう。昨日やっていたことを今日にはやらなくなっている、むしろ全く逆のことをやっているということなど珍しくない。笑

 

 実は年初から、また食生活をがっつり変え、小麦粉・砂糖・加工食品を意図的に全く摂らない生活を始めた。乳製品はもともと摂っていなかったので、いわゆる「パレオダイエット」のようなものと思ってもらえばいい。日本では原始人食などとも呼ばれている、世界でもトレンドとなりつつある食事法の1つ。

 

分かりづらいので一言でいうと、昨年末までの肉を食わない生活から180度転換して、ガンガン肉を食い始めたのだ。肉についても大きな変化だったけど、過去最大という意味では、砂糖を全く使わなくなったのはさすがに初体験。みりんなども使っていない。基本的に調味料は塩コショウとスパイス類などでまかなっている。

 

ちなみに、こういった健康法は合う合わないがあるので、一概に「これをやれば健康になります!」とは言えないし、躊躇なく言っている人がいたら、それはそれでちょっと危ない。自分の体で試して、検証して行くしかない。試して、よかったら足して、合わなければ戻して…の繰り返しで、自分だけのオリジナルの健康法を確立していく。

 

こういう情報の取捨選択能力は、健康マネジメントにおける1つの技術・センスだと思うけど、アドバイスとして言うことがあるとすれば「痩せる」とか「綺麗になる」という見た目的な目標ではなく「健康になる」という、上記の2つを内包した、もう1段階高いレベルを目指すべき。そうすれば、見た目的な美しさ変革にフォーカスしたもの以外の情報も目に入るようになってくる。

 

そしてとにかく、誰かに言われたからとかではなく、自分の体験や体感で判断すべき。ネットから拾ってきた情報で知ったかぶるのも別にいいけど、実際に試してみないと何も分からない。ただしこういったある程度特殊な健康法は、友人との付き合いだったり、外食の時まで守るのは難しいので、80%以上出来たら合格、というようなラインを自分で作ってチャレンジしてみるといいと思う。

 

さて、今回のパレオダイエットについて、僕に関する限りで言えば、かなり普段の生活に取り入れやすく、かつ続けやすく、効果も実感しやすい。僕は肌の状態から自身の状態を判断するんだけど、未だかつてない状態の良さを保っているので、もうしばらく続けてみるつもり。

 

また何か発見であったり、面白い方法などがあったらこの場でシェアしていきます。