LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【スーパーフード】チア

最近、スーパーフードにハマりつつある。とはいえ、まだ幾つか手に取ってみて試している段階なんだけど、いわゆる大衆スーパーマーケットにスーパーフードコーナーがあるのが正直驚き。節操がないというか、あるいはこちらの人の意識レベルの違いなのか…。

 

そもそも、スーパーフードとは何かというと、

 

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部分の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
  • 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。  

 

 と日本スーパーフード協会では定義されている。要するに「めっちゃ栄養豊富な食いもん」くらいに捉えておけばいいハズ。ちなみに、具体的に何がスーパーフードの範疇に含まれるかは提唱者によるところが大きいみたい。


日本ではどこまで流行っているのかは分からないけど、本家アメリカでは2004年に提唱され、その後2009年にDavid Wolfeが出版した本で、さらに一般化。この本がスーパーフードにおけるバイブル的なものらしいので、興味ある方は要チェック!といっても、日本では今年の2月に高城剛さん監修で翻訳本が出ているので、ご安心を。


この翻訳本はKindle化されていないので、僕は原作のほうを読み始めたところなんだけど、これはまだ読み終わるまでにしばらくかかりそう。
(余談だけど、David Wolfeと高城剛さんの顔の系統がめちゃめちゃ似ている。類は友を呼び、さらに顔まで似てくるのだろうか。笑)


さて、そんなスーパーフードに興味、関心を持つようになったキッカケが、行きつけのスーパーで見たことの無いものを発見したこと。ゴマのような見た目だけど、ゴマではない。そして、ゴマと同じく白いものと黒いものがあり、パッケージにはChiaと大きく書かれている。すぐその場でググり、スーパーフードのチアシードということが判明した。オメガ3、繊維などを豊富に含んだ食べ物らしいということで、即購入。

 

f:id:k_dash11:20150428153604j:plain


どこかで聞いたことがあるなと思っていたけど、すっかり忘れていた。さっき思い出したんだけど、僕はチアを知っていた。そう、ウルトラランナー・スコットジュレクと、人類最強の走る民族タラウマテラ族のウルトラマラソン対決を綴った名作ドキュメンタリー本「BORN TO RUN」の中で「イスキアテ」、すなわち自家製レッドブルとして紹介されていたタラウマテラ族の滋養ドリンク、その材料の1つだった。

 

スプーン一杯のチアは、鮭とホウレンソウ、ヒト成長ホルモンを材料にしたスムージーに近い。小さな種のなかに、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、タンパク質、カルシウム、鉄、亜鉛食物繊維、抗酸化剤がつめこまれている。無人島にひとつだけ食料をもっていくとしたら、チアより優れたものはそうそうない 。少なくとも、筋肉をつけ、コレステロ ール値を下げ、心臓病のリスクを減らしたい人にとってはそうだ。

 

 このように紹介されたチアを食べてみたいと思わなかった読者はいないだろう。"無人島に持っていくべき食料"この一言だけでも、この小さな実がいかにクレイジーな食べ物であるかを物語っている。


僕の買ったブラックチアシードの成分表を見てみると、スプーン1杯15gあたりのオメガ3が2.9g、繊維が5.6g含まれている。1日あたりの摂取目安でいうと、オメガ3は2.0~2.9g以上、繊維が男性19g、女性17g以上ということで、先日のエントリーでも説明したオメガ3が、チアシードスプーン1杯で1日の必要量を摂れてしまうという驚異的な数字。さらに繊維が豊富という、まさに現代人の足りないもの代表2つを補う、サプリメントといっても過言ではない内容。ちなみに、他にも鉄分やカルシウム、マグネシウムも含まれてるけど、特にこの2つの含有率が驚異的だったのでピックアップしました。

 

※オメガ3についてはこちら参照

 

www.unokazuyasu.com

 

 

さて、肝心の食べ方はというと、チアシードは水気を含むともの10倍くらい膨らむので、水気のあるもの(スムージーやジュースなど)に入れて食べることがオススメ。増えるワカメちゃんを増やしてから食べる感じで。見た目はカエルの卵みたいで、かなり気持ち悪いし、知らなかったら食べるのに躊躇するだろう。

 

僕が初めて食べた時は、シンプルに水に入れて食べたけど、プチプチとした食感はあるものの、そんなに味という味は感じられなかったので、やはり水気と味のあるものに混ぜる方が続けやすいと思う。


食べ始めてまだ数日なので、もう少し続けてみて、感じたことなどを後ほどレビューします。

 

 

スーパーフード (Healthy Eating)

スーパーフード (Healthy Eating)