LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

大切なものとはなにか

この数日、家族とは何かと考えている。


以前というか、ほんの数日前まで、結婚や家族をもつということが、僕にとっては無縁というか、まだまだ時期じゃないなと思っていた。というより、そもそもの僕の価値観として「こんな時代に行動力や行動範囲を狭める行為はナンセンス」という考えが大前提にあった。

 

それが、虫の知らせで家族の近況を知ることとなり、その意識・価値観に大きな変化が訪れた。


今までは、実家という「いつでも自分が帰れる場所」が不変的な存在な気がしていたけど、そんな訳はない。両親が亡くなれば、当たり前だったあの場所もなくなる。…ということは、頭では分かっていたけど、実際にそれが現実として近づいてきてると思うともの寂しさを覚える。


いまなら、結婚したいという人の気持ちだったり、家族や家を持ちたいという人の気持ちも理解できる。

 

「無常」という言葉は知っていたけど、実際にそれが自分の身に、自分の家族の身に起きた時に、やはり人は冷静ではいられない。僕自身、まだまだ悟れないなと感じた。モノに対する執着は手放し始めてる気がするけど、対人間はまだまだ難しい。

 

このタイミングで、こんなことが起こるということにもなにか意味があるんだろう。


「お前にとって本当に大切なものはなんだ?」と神様に問われている気がする。