LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

目指すべき道

「健康を推進・啓蒙するという活動の行き着く先はどこか?」

というと、僕個人の存在としての行き着く先は僕自身の存在がいなくなること。そして、世界の行き着く先としては世界平和。戦争も差別もない世界。
 
「健康に携わる人たちが最終的に目指すべきは、その人が消えても大丈夫な世界を作ること」と書くと、なんだかジレンマのようなモノを感じてしまうけれど、これは事実。小さな欲望のためにそれを望まない人ももちろんいるけど、一人一人が健康的な意味合いで自立すれば、僕らのような存在は必要なくなる。
 
現状を考えてみても、所詮は触媒のような存在にすぎない。結果はその人自身のチョイスに全て左右されるので、僕らが偉そうに何か言ったり、やったとしても、結局はささいなお手伝いに過ぎず、変化を受け入れるかどうかの最終的な選択権はその人自身にしかない。
 
じゃあ、なぜそれが世界平和に繋がるのか?
 
考えてみて欲しい。
 
あなたが、肉体的にも精神的にも最高に調子のいい状態、最高の気分で、仕事をしていたり、友達と会ったり、何をしていても構わないけど、そんな状態のときに「恨み・辛み・妬み・嫉み・僻み」といった負の感情を生んだり、「奪う・殺す」といった負の行動を取りたいと思うだろうか?
 
逆に、自分の調子や気分が最低のときはどうだろう?
 
もう答えは出たはず。
 
そう、僕が目指しているのは前者の世界。
そして、このブログはその手段の1つに過ぎない。
さらに、読者のあなたもその担い手の一人。
あなたが健康になることが世界平和に繋がっている。
 
一緒に世界を変えていくと思うと、ワクワクが止まらないですね。