LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

自信と不安

自信を持つとは、どういうことか?

不安を持つとは、どういうことか?
 
自信を持った状態とは、自分を信じている状態。いや、自分だけじゃない。自分自身はもちろん、友達、家族、全て、この世界、この宇宙を信じている状態。母親の腕の中で眠る赤子のごとく、全てに安心した、大安心な状態だ。
 
不安な状態とは、全てにおいてその逆。
 
「不安な状態」というのは、その人自身だけの問題だと思っていたけれど、そんな風に考え直すと、自分だけじゃなく、この世の全てに不信感を持っている状態なわけだから、周囲の人、環境、世界、宇宙、全てに対して失礼な態度をとっていることになる。
 
そんな状態でいいことなど起こるわけもない。
 
そのことが最近ようやく分かって、僕は自分自身、全て大丈夫だと思える境地に至った。おそらく、これはいわゆる「引き寄せの法則」を使うにあたっての0ポイント。ベースとなる状態。すなわち、ボーダーライン。
 
どうして、今まで本で読んだスキルだったり、やり方、TIPSを上手く使えてこなかったかの理由がここにあった。マイナスな状態にいくらプラスを掛け合わせても、到底プラスにはなり得ない。
 
僕には、人生を共に生き、世界を変えていくパートナーが何人かいる。今までは、彼らのスケール感や思考にどこかしら引け目を感じていたのだけれど、僕はようやく一緒に戦っていくスタートラインに立てた気がする。