LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【人体実験】バターコーヒーやめました

完全無欠食事法の著者デイブ・アスプリーに刺激を受け、彼の本の中で学んだことを3ヶ月程度試してきたけど、今回はそのまとめ。

www.unokazuyasu.com

・油

あの本の中でメインの食材となるグラスフェッドバター。日本で手に入れるのは難しい時点で僕からしたら、日本でやるべき健康法ではない。ナンセンス。コストパフォーマンスに合わない。

 

Facebook上で、ある読者が日本だったらどこで手に入れられるかを聞いた時に「北海道産だったら大丈夫」という著者の適当なコメントの返しっぷりにもちょっと苦笑い。

 

コーヒーに入れるだけじゃなく、料理にもガンガンに使ってみた。それこそ、1日100gとか200gの単位で。その結果どうなったかというと、なんとアトピー再発。要するに、慢性炎症状態が始まった。

 

これは、2ヶ月ほど原因が分からなくて、僕自身でもものすごく戸惑い、普段摂っている色々な食材を1つずつやめては試し、やめては試し…を繰り返して、おそらくバターが原因だろうということに至った。

 

予想としては、腸内環境がガッツリ変わってしまうほどの飽和脂肪酸を摂ってしまったか、あるいはバターの中に含まれる乳成分が原因かのどちらか。やめてから少しずつ状態は良くなっているので、完治してからバターは再び試してみる予定。原因はこれかな?という記事がこちら。

 

MEC食やLCHFみたいな高脂肪食は老化が進む可能性があるんでおすすめしないです | パレオな男

 

この記事の中では、どのような種類の脂肪かは書かれていないけど、グラスフェッドバター、グラスフェッドビーフ、グラスフェッドラムという、質のいいモノを摂っていた僕でも不調に陥った。とりあえず言えるのは「僕の体にこの方法は合わなかった」ということ。合う人は続ければいいと思う。

 

今は質のいいオリーブオイルのみを使用。

 

・寝る前の生ハチミツ

砂糖を全く取らない僕が、あの本を読んだ後で唯一摂るようになった甘味がハチミツ。寝る前に大さじ1程度の量を飲むと睡眠の質が上がるとのことだったけど、全く変化が実感できなかった。既に買ってある分が終わったらやめる予定。

 

・朝起き抜けでの塩水

感覚的にはなんとなく良さそうなので続けてみる。睡眠時に汗をかいていることを考えると道理にもあってるだろう。

 

・調味料

この本のベースにあるのは、リーンゲインズという半日断食法とパレオダイエットの組み合わせ。パレオダイエットを実践している人は分かるけど、調味料に何を使えばいいのかわからなくなる。僕も、この本を読むまでは塩コショウとハーブで味付けしてたけど、ローズマリー、タイム、オレガノターメリックなどのハーブをより多く取り入れるようになった。単純に美味しいので続けている。塩はヒマラヤのピンクソルトを使用。

 

・炭水化物と野菜

再び「これでもか!?」というくらいガンガンに摂るようなった。白米も食べていいんだけど、ブロッコリー、カリフラワー、サツマイモ、人参、カボチャ、ほうれん草など1日2〜3kg程度の野菜を食べてるので入る余裕がない。逆にキノコはほとんど食べなくなった。たまに作るカレーにマッシュルームを入れる程度。

 

・コーヒー

ブレンドではなくSingle Origin、つまり単一の場所で作られているものを選ぶようになった。

 

・亜麻仁&大麻製品(フラックス&ヘンプ)

スーパーフードとして名高い2つの製品だけど、オメガ6を摂ることに繋がるようなのでやめた。

 

以上。

 

結局のところ、本の読む前と後で変わったのは、朝の塩水、塩とコーヒーの種類、亜麻仁&大麻製品の4点。色々試してきたけど、ほぼ元に戻った形。

 

アトピーが再発したのはちょっとした事故だけど、以前どこかで見た「健康本は誤植で人が死ぬ」という言葉を思い出した。もちろん、死ぬのは僕のように極端なことを実験してしまうタイプだろうけど。苦笑

 

とにかく、本に書かれているからといって、全ての人に正しく適応するとは限らない。何を試すにしても、自分の体と相談しながら、ゆっくりと取り入れてやってみてください。