LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【CM化?】五郎丸×中村俊輔×adidas

今号のNumberが素晴らしい。

 

メインテーマは表紙に書かれている通り『”エディー後”のジャパン』。

 

2019年に日本で開催されるラグビー・ワールドカップでどのような選手たちが活躍するであろうかが専門家たちによって語られ、そのうちの幾人かの選手がピックアップされている。

 

そんな中、1番の注目は、地獄と言われたラグビー日本代表・宮崎合宿。その裏側が記された『桜の真実。』のコーナー。我々一般ファンが知り得ない選手たちや監督の状態、いかに過酷な世界であったかが詳細に綴られている。

 

朝6時から練習スタート、1日4部練習という情報以上に、いかに激しく、辛いものだったかが理解できる。日本という規律あるチームにしか出来ない。そしてそれをやりきった彼らだからこそ、あのブライトンの衝撃が起きた。五郎丸選手が言うとおり、やはりあれは必然だったんだろう、と記事を読むと思える。

 

そして、もう1つ気になる記事については、まずこちらをご覧ください。

 

www.youtube.com

 

ご存知、ベッカム選手とジョニー・ウィルキンソン選手によるadidasのCM。

 

ジョニー・ウィルキンソン選手とは、ベッカム選手と同じくイングランド出身のラグビー選手で、2003年にオーストラリアで開かれたラグビー・ワールドカップイングランドが初優勝を決めたときの司令塔SO(スタンドオフ)です。(2014年引退)

 

名キッカーとして有名で、彼の放つドロップゴールに魅了されたファンは少なくありません。僕自身も、トップレベルの試合であれだけドロップゴールを量産する選手を見たことがありません。

 

彼の左足によって、ラグビー発祥の地・イングランドに初めてエリスカップがもたらされた、そんなワールドカップの後に放映されたのが先の映像。ちなみに有名な五郎丸ポーズも、彼のスタイルを真似たものです。

 

さて、前置きが長くなりました。

 

五郎丸選手が2015年ラグビー・ワールドカッププレースキッカーとして活躍し、名声を得た後、このCMを知る人、その全てがこのCMの日本版を待ち望んだはず。

 

ベッカム役は一体誰だ!?本田か?香川か?遠藤か?』

 

などとファンとしては妄想していましたが、答えは今号の注目記事の1つにありました。五郎丸選手×中村俊輔選手の名キッカー対談。普通の対談であれば、それぞれのユニフォームを着るはずですが、二人共見事なまでにadidas製品しか身につけてません!(ボールまでadidas。笑)

 

まだ推測の段階ですが、これはCMに間違いないでしょう。

 

number.bunshun.jp

 

まだCMが発表されてませんが、これは公開が楽しみです。