LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

アレルギーの功罪

アレルギー

 

この言葉にポジティブな意味を見いだせる人は少ない。

僕自身、今なお、アレルギーの症状に侵されている。

 

今年5月にアトピーが完全再発。
しかも、こんなに症状が出るのは人生初。
普通の人が見たら10mくらいは引く程度。笑

 

帰国に伴う食生活の変化を原因と疑い、
4ヶ月間、ありとあらゆる手段を講じて来た結果、変化ゼロ。
むしろ、悪化したように感じられることすらあった。

 

最終的にたどり着いた答えが、3月末に入れた、差し歯による金属アレルギー。

 

ようやく気付き、8月上旬にすぐ抜いたけど、
まだその効果は感じられていない。

さすがに4ヶ月間貯蓄したアレルギー物質が、
僕の皮膚を通じて出て行くにはもう少しかかりそう。

 

さて、この間、
アトピーを治す目的で手を変え、品を変え、
次々と食生活を変えてきた。

 

この変化自体は貴重な経験で、
新たに作り上げた食習慣は、
今の僕にとっては理想的な食生活の1つとなった。

 

精製した炭水化物を摂らない
甘いものを摂らない
アルコールを摂らない
コーヒーを飲まない
加工食品を摂らない
乳製品を摂らない
ナッツ類を摂らない
卵を摂らない

 

肉は控え目にする

 

1日1回魚を摂る
緑黄色野菜を積極的に摂る
発酵食品を積極的に摂る

マルチビタミン
ビタミンB群
ビタミンD
プロテイン
DHAEPA
食物繊維
など、サプリメントで上手く補う

 

定石通り、食生活の変更は引き算から始めた。
余計なものを除き、ゼロの状態を作ってからの足し算へ。

 

こんな風に箇条書きで書くと、スッゲーストイックな食生活に見えるけど、
結果的には、オーストラリア時代から、そこまで大きく変わってない。

いくつか足して、それを意識的に徹底した程度。

 

目的としてはアレルギー(アトピー)対策にやってきたことだけれど、
全て抗酸化・抗糖化、アンチエイジングに繋がるのが副産物として、嬉しいところ。

 

幸か不幸か、症状が治まった時には、再発以前よりも
確実に身体の状態はよくなっているだろう。

 

次回の血液検査が楽しみだ。

 

さて、正直、アレルギー症状はすげーキツい。

 

泣き言を全く言わない僕だけど、
さすがに3カ月以上経っても原因が全く掴めず、
涙ではなく、自らの血で枕を濡らす生活には、何度も心が折れかけた。

 

全ては原因があって、結果がある。
アレルギー症状が出ているのなら、余計なものを摂っているだけ。

 

そんな風にシンプルに考え、改善をひたすらに試し、続けられるのも、
4ヶ月が限度ということも、今回の件でよ〜くわかった。

 

とにかく、僕の健康人生で、今までで1番波乱万丈な4ヶ月間だった。
そして、これまでのどんなことよりも、強烈な体験で、勉強になった。

 

予想もつかない人生。
辛いときもあるけど、それすらも面白い。

 

波乱万丈ドンと来い!

次はどんなドラマが訪れるのだろう。