LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【人体実験】花粉症対策2

さて、花粉症対策と称して始めた腸内環境の整備。

整備というと大掛かりな感じがするけど、やっていることはシンプルで

 

①腸に悪いものを摂らない
②腸にいいものを摂る

 

この2つだけ。

 

①に関して、腸に有害な食品を摂らないことに加え、新たに、夕食だけの1日1食生活を始めた。

ほぼ22~23時間ほど毎日断食をしている感じだけど、すごく調子がいい。

 

おそらく、加工食品とか摂っていると1食では空腹感との戦いが起きてしまうけど、パレオダイエットを徹底しているせいか、1食が本当に心地いい。

 

むしろ、下手に昼食を食べると、血糖値の上昇が起きるからか、夜になると猛烈な空腹感に襲われる。

ファスティングによるオートファジー効果か、明らかに1食のほうがエネルギーが高く、アレルギー症状も出ないし、快調。

 

昨日や今日みたいに天気のいい日に、マスクやメガネなしで出歩くのは、花粉症の人にとっては自殺行為にもかかわらず、2~3時間歩き回ったけど、全く問題なし。

 

ただし、1食だけに絞るので、その質には気をつけている。

カロリーの質を考えると、白米を入れる余地はなく、葉物野菜と根菜をメインに、魚か肉もしっかり摂り、さらに果物も摂る。

 

調味料は、塩、胡椒、ハーブ、醤油、ミリンくらい。

量でいうと、野菜と果物で、1日に1kgくらいは摂ってるかも。

 

で、これに加えて、サプリも摂る。

 

…だったら、1日2食摂れば?という意見もあるだろうけど、僕の体にとっては2食を摂ることは体感としてのデメリットが大きすぎるので、1食で不足するものに関しては、遠慮なくサプリに頼る。

 

ビタミンDとプロバイオティクス、プレバイオティクス、シンバイオティクスは必須で、食事のメニューをみて、不足してそうなビタミンがある場合は、マグネシウムやビタミンB群、亜鉛など、対応するサプリを追加する。

 

最近は、たまにタンパク質不足も感じることがあるので、さらにホエイプロテインも追加した。

 

f:id:nazukusouya:20170227212709j:image

 

さらに、もう1つ、食事以外の面で、ストレス対策として、瞑想も習慣化した。


朝昼夜で、1日あたり1時間ほどだけど、これも、心身にとってのリセット機能として働き、ストレス対策以外に、自分の感情に状態をチェックすることになる。

 

ついつい、自分の感情の状態を忘れてしまいがちだけど、瞑想の習慣化によって、少なくとも1日3回は、ボルテックスに戻るようにと自分自身を促せる。


さぁ、この状況で出来ること全てはやっている。

 

果たして、花粉症はどこまで症状が出てくるだろう?

 

「ここまでやって症状出たら、全日本人の花粉症はもうどうにもならない」というレベルで、突き詰めて実験してみる気概。笑

 

そういえば、いつぶりか分からないけど、体温を測ってみたら、36.9℃…ってことは、やはり、体はいい感じっぽい。37℃目指して、引き続き実験は続く。