LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

暴飲暴食後にすべきこと

失敗はするものだし、暴飲暴食はするものだし、体調は崩すものだし、体は歪むものだ。

 

人間は川の流れのように動的に平衡な状態だから、常に揺れ動いている。

 

その振り幅が高いところで一定である人を、人は健康というのかもしれない。

 

そんな哲学的な「健康」の定義は置いといて、冒頭に戻る。(言い出したのは自分だけどw)

 

そう、健康において、人は常に失敗するもので、それを含めて、コントロールすることが大切。

 

暴飲暴食しても楽しく時間を過ごすのも

体調を崩して人からやさしくされるのも

体を歪めていろいろな痛みがでるのも

 

すべて人生の醍醐味。

 

ただ、暴飲暴食をつづけて自分らしくない体型になったり、体調を崩しつづけたり、いろいろな痛みが出続けたりするのはツライから、避ける工夫をしようねっていうお話。

 

で、俺の場合だけど、暴飲暴食は、もちろんする。

 

例えば、昨夜は3〜4ヶ月ぶりにラーメンを食べて、あまりの美味しさに3回替え玉したし、ご飯物も食べたくなって注文し、餃子も味わった。

 

普段では考えられない量で、お腹はパンパン!!w

 

でも、超しあわせな気分を味わい、「苦し〜」といいながら、顔はめっちゃ笑顔だった。笑

 

夜寝るときに「暴飲暴食できるのも幸せだよな〜」と笑いながら眠りについた。

 

で、今朝。

朝からお腹が重たいww

 

体は「空だ」なので、体にどこかに存在感を感じている状態は、本来はオカシイ…っていうか「なにかオカシイよ〜」って体がメッセージを送ってくれている状態。

 

このメッセージに気づき、早めに対処することが、体の声を聴くっこと。

 

ちなみに、このメッセージ、人によっては違う。

 

肩こりだったり、肌荒れだったり、重さだったり、動きづらさだったり、といろいろな形で体は教えてくれるので、まずは、自分の体が今、どんなメッセージを送っているのか、感じてみるといい。

 

で、食事を変えたり、減らしたり、あるいは、我慢していることをやめたりっていう、具体的な行動を起こして、それが正解だったら、その状態はなくなる。

 

ほんで、昨夜、暴飲暴食した俺は、じゃあ、どうするか?っていうと、またもや出ました、断食ですw

 

いつもは、朝だけ抜いているけど、今日はお昼もなし。

 

腹6〜7分目がベストって考えると、1日6〜7分で3食とると、18〜21分。

 

昨日1日で考えると、昼8分、夜15分で、22〜23分。

 

こうやって書いてみると、昼を抜くほどではないかな〜って気もするけど、念のため。

 

あ、そうそう。

 

人間の体って面白くって、夜に暴食をした日の翌朝は、普段以上にお腹が空く感覚がでたりする。

 

偽腹(にせばら、ぎふく)なんていい方するようだけど、内臓が荒れてるときに空腹と似た感覚が出ているらしい。

 

俺としては、無理やり胃に詰め込まれた食べ物がなくなり、広がった胃がもとに戻るときに、この空腹感が出るんじゃないかな〜って思ってるけど。

 

どちらにせよ、食べ過ぎた翌朝の空腹感はニセモノだよってことを覚えておくといいね。

 

少し時間を置けば落ち着くから、まずは、自然塩をひとつまみ入れた白湯でも飲んで、落ち着くといい。

 

その空腹感に従って食べつづけると、見事な体型になっていくから注意してね(^_^;)