LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

1年予祝をやってみた

 昨日は「前祝いの法則」について書いたけど、早速、本に書かれているワークをやってみた。 

www.unokazuyasu.com

こういう本は書かれたものを頭で理解するだけじゃなく、実際にやってみて、体験してこそ、より価値のある本になるし、きっと、そうしたほうが、著者のお二人もよろこぶことだろう。

 

さて、この本には13個のワークが紹介されているんだけど、手始めにやったのは、「3行予祝日記」と「1年予祝」の2つ。

 

「3行予祝日記」も「1年予祝」も、読んでなんとなく意味はわかるかもしれないけど、要は未来日記

 

「3行予祝日記」は毎日書いたりする感じで、「1年予祝」は今年の大晦日の自分になって、1年を振り返るというもの。

 

月初めに、月末の自分になって、1ヶ月を振り返るってのもよさそう。

 

ポイントは、臨場感を味わいながら、本当に最高だったな〜っていう気分で書くこと。ただ作業的に書いても意味がない。

 

そんな俺が書いた1年予祝はこんな感じ。参考までに。

32歳最後の1日。今朝もいつもどおりに自宅で4時に起き、いつもどおりの準備をして、いま、この1年間を振り返る日記を書いている。

 

今年も、最高の1年で、最高に幸せだった。

 

昨年末から食事に気を使い始めたおかげもあり、俺も妻も過去最高にいい健康状態だし、無事に子ども生まれた。

 

仕事も順調で、給料もグンと上がって、行きたいセミナーにも行ったし、読みたい本も買って、いっぱい勉強もしたな〜。

 

会社以外にも、個人の仕事も入ってきて、一般向けの講習会やプロ向けの講習会をはじめたこともあって、いろんな人と会って面白かったな〜。

 

安心して家族を養えるようになったし、引っ越しもして、生活環境もさらによくなって、今までも十分幸せだったけど、それ以上に幸せに感じる時間が多い1年だった。

 

仕事自体の時間は前よりも減ったけど、密度が濃くなった感じで、家族との時間を十分に楽しみながら、仕事も思いっきり楽しんだ1年だった。振り返ってみても、たくさんのお客さんの笑顔が思い浮かぶ。

 

ラグビーワールドカップも、開幕戦のロシア戦とスコットランド戦のチケットがとれて、両方の試合で日本の勝利という最高の瞬間を味わうことが出来て、マジで最高だった。

 

去年のオールブラックス戦のとき以上に興奮したし、めちゃめちゃ叫びまくったけど、本当、一生の思い出が出来た。

 

私服もうさとで揃えることもできたし、欲しかった金無垢のロレックスも手に入れて、この1年で、大きく快適な人生に変わった。この1年の変化は我ながらすごいとしか言いようがない。

 

きっかけは、1月27日にふと読んだ「前祝いの法則」だったけど、本当にこんなに日々の習慣で、こんなにもいろいろな夢が叶うなんて、やったことのない人には信じられないだろうな。笑

 

いろいろと振り返ってみたけど、見事にやりたいことを全部できた1年で、本当にめちゃめちゃ最高の1年だったな〜。

 

今日は、前夜祭ってことで、こだわりお蕎麦を食べたり、美味しいお酒を飲んだり、美味しいご飯を食べたりはするけど、いつもどおり、早く寝て、明日も4時に起きる気がする。笑

 

来年、2020年も、どんな最高の1年になるのか、楽しみだ!

 

完全な妄想日記ww

 

でも、やってみるとわかるけど、自分の都合のいい世界を創るって超楽しいよ。

 

楽しいことやってると、体も整うしね。

 

そして、この「楽しい」というエネルギーが未来を創っていく。

 

これ、本当に年末に読み返すのが楽しみ!!

 

ぜひ、やってみてね!もちろん、いい感じのアホづらしてね。笑

前祝いの法則

前祝いの法則

 
しあわせがずっと続く「予祝」手帳 2019

しあわせがずっと続く「予祝」手帳 2019