LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

結局、すべての行動は自分のためにやっている

「誰かのために」と思ってやってることも、結局は、すべて自分のためにやっている。

 

家族のためとか、友達のためとか、会社のためとか、便宜上、「◯◯のため」っていうことはいろいろとある。

 

でも、実際にそれを選んでるのも自分だし、結局、そう思って行動したとしても、めぐりめぐって「自分のため」に繋がってる。

 

そして、そういう流れも含めて「全部自分のためにやってる」と思って行動すれば、イライラすることもなくなる。

 

つい最近のことだけど。

 

「誰かのためと思って行動しつづけられるほど、俺は人間ができてない」っていうことに今さら気づいて。苦笑

 

というのも「〇〇のために行動しなきゃいけない」って思って頑張ってきたんだけど、すっげー苦しくってねー。

 

1年間くらい「〇〇しなきゃいけない」って義務感を感じてることをやめるように心がけてきたから、久しぶりだったのもあって、余計に苦しさを感じちゃって。

 

「やらなきゃいけないのに、やりたいくない」っていう状態に陥って、めっちゃモヤモヤして。

 

1ヶ月くらい、その義務感の苦しさと戦ってきたんだけど、どうにもならなくなって、最終的に、冒頭の考えに至ったっていうね。

 

例えば・・・

 

「家族のために働く」って思ってたとしても、それで働いて、家族の笑顔が見れたら、自分も嬉しいし。

 

「友達のために約束を守る」って思ってたとしても、それで約束を守って、いい気分で過ごせれば快適だし。

 

「会社のために利益を上げる」って思ってたとしても、それで自分の給料が上がったらテンション上がるし。

 

やっぱり、すべて、自分のため、自分の幸福、自分のハッピーのためなんだよね。

 

誰かのために何かをしても、自分のハッピーに繋がってるし、

自分がハッピーになるためにした行動も、誰かのためにもなる。

 

ただ淡々と、自分がハッピーになるために行動してるって思ってたら、モヤモヤもしないし、つづけることもできるようになった。

 

「あなたが選ぶ、あなたの行動は、すべてあなたをハッピーにするためにしている」

 

もしも「俺ってなんのためにこれやってるんだろう」・・・なーんて思い悩むことがあったら、この考え方を、ちょっぴり思い出してみてね。

 

それだけで、モヤモヤが少しは軽くなるからね。