LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【感想】フレッシュネスバーガー手づくり創業記

また、ポッドキャスト石原明の経営のヒント+(プラス)で石原さんが絶賛していた方の1冊を読了。

f:id:unokazuyasu:20190705231503j:plain

著者は、写真にある通り、フレッシュネスバーガー代表取締役社長の栗原幹雄さん。

 

こういう創業ヒストリーを記した本て、お腹いっぱいというか、濃厚な食事を味わったあとのような読後感を味わうことが多いんだけど、今回の1冊は、読み終わったあとがめちゃめちゃ爽やかな気分だったのが不思議な感覚だった。

 

「経営という船旅の中で、いかにものすごい荒波に揉まれてきたか」が書いてある本が多いんだけど、この栗原さんの場合は、この荒波をめちゃめちゃ楽しんで波乗りしてきたかのように書いてあるように感じた。

 

栗原さんの場合は、創業といっても、フレッシュネスバーガー創業前に、ほっかほっか亭を起業し経営してきたという経験がある。

 

その経験があるからこそ、完全な手探りってわけじゃなく、ある程度の流れが分かっているんだろうなっていう余裕が感じられた。

 

読んでいても、フレッシュネスバーガーという新しい店舗を創っていく、想像を現実にしていく過程をワクワクしながら進んできたんだろうな〜っていうのが文章からもすごく伝わってきた。

 

石原明さんのポッドキャストを聞いてると「なんでも興味をもって自ら進んでやってみる」ことを進めていて、そういう人のことを「開いている系」といっている。

 

で、読んでみて、わかったのが、この栗原さんが、まさにこの「開いてる系」の代表格なんだろうなってこと。

 

ほっかほっか亭の起業のキッカケも、義兄から誘われたという理由からはじまっているらしい。

 

おそらく、迷いはあったんだと思うけど、当時、上場企業で働いていて、友人たちの中でも1番の高給取りだったにも関わらず、それをあっさりと捨てて、新しい道にすすんでいく潔さは学ぶべき点がある。

 

ほかにも、石原さんの「開いてる系」のストーリーも面白いので、読んでみるといい。

 

この本では、終始一貫して、「どうやって仕事を面白くするか?」「どうやって仕事を真剣な遊びとしてできるか?」っていう栗原さんらしい観点からの仕事観だったり、考え方について書かれている。

 

会社員の自分が読んでも、今すぐ、実践できる、楽しく働くための考え方がいろいろと書いてあるので、仕事をもっと楽しくしたい!って人はぜひ読んでみるといい。

 

きっと、仕事が楽しみになるよ。

フレッシュネスバーガー手づくり創業記 (アスペクト文庫 B 9-1)

フレッシュネスバーガー手づくり創業記 (アスペクト文庫 B 9-1)