LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

正しさより楽しさを

世の中で言われる「正論」を選ぶことが、必ずしもプラスになるとは限らない。

 

「科学的」「実績」「信頼」「ブランド」「有名」「人気」「歴史がある」

 

そういったもの盲信し、行動することで、プラスの結果が出るとは限らない。

 

こと「健康」においては、これが難しいところ。

 

世の中で言われる健康にいいもの、健康に悪いものがあるけど、じゃあ、その情報をもとに行動をしたところで、100%それに見合う結果が出るかどうかは、誰にもわからない。

 

www.excite.co.jp

 

わかりやすくいうと、こういう記事が出てくるけどw

 

結局は、その人自身が主体的に、罪悪感もなく、楽しく生きること以上に健康的に生きる方法ってないのかもなって思う。

 

整体師っていう仕事上、いろいろな人の動きとか体の固さとか見たりするんだけど、今まで1人だけ、全く動きも問題なくて、体の固さも全然ないって人がいた。

 

その人は一体どんな人だったかっていうと、本当に、心から今を楽しんで生きてる人でね。

 

今振り返っても、はじめてその人の体に触れたときは、本当に衝撃的だったな〜。

 

自分がやりたいこと、楽しいこと以外をやらないと、人って、こんなに健康を意識しなくとも健康でいられるんだなって知ってね。

 

だから、やっぱり、その人自身が心から楽しく生きる以上に大切なことってないって、心から思う。

 

例えば、今日の自分の生活を振り返って「100%自分が望む選択をできたかな?」って問いかけてみても、俺自身、100%とは言えない。

 

それはなんでかっていうと、人に対する遠慮だったり、義務感とか、責任感とかっていうものも、当然影響しているし、それが俺自身が俺らしく生きる道を阻害してることはわかってる。

 

ただ、いきなり100あったものを、いきなり0にすることって難しいから、そのブロックや自分の行動のベースとなる価値観を、より自分らしく生きられるように、日々、生活しながら、修正し、構成し直している感じ。

 

昨日より今日、今日より明日、より自分らしく生きられるよう、自分のブロックを1つずつ外しながら、生きていこう。

 

それが、健康的に生きる第一歩。