LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

人生を味わい尽くす

受け入れがたい現実を受け入れるという現実が、なによりも人を成長させる。

 

人生ってなんとかなることもあるけど、どうにもならないこともあって。

 

よかれと思ってやったことが必ずしも結果が伴うとも限らないし、意識せずにやったことに対して結果が伴うこともある。

 

実は、原因と結果は関係なかったりするわけだ。

 

ただ、その「どうにもならないこと」を受け入れることが1つの人間としての成長であり、その「どうにもならないとき」にどんな自分でいられるかってのもすごく大切で。

 

泣き叫ぶのか

嘆き悲しむのか

不満を言うのか

言い訳をするのか

とりあえず笑うのか

次の行動を考えるのか

 

どうにもならないときに、人は心を乱されがち。

 

人生という波乗りの中では、四苦もあれば、八苦もある。

 

その四苦や八苦の波をどうにかしようともがけばもがくほどに、四苦八苦することになる。

 

人生に起こることはすべて必然で、すべてが絶妙な、完璧なタイミングで起こる。

 

その現実を受け入れ、自分の人生の責任を自分で負う、その覚悟を持って生きる。

 

なんだか「責任」とか「覚悟」な〜んて言葉を使うと固〜く、重〜く聞こえちゃうけど、実際にそうなれちゃえば、それが1番自由なんだろうなって思う。

 

四苦だろうと、八苦だろうと、酸いも、甘いも、辛いも、苦いも、すべてこの人生の醍醐味の1つとして、堂々と醍醐むー味わえる、味わい尽くせる自分でありたい。