LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

自分の蓋を外していこう。

ラグビーワールドカップ開幕まで、2ヶ月を切り、ワールドカップに向けての仕上がりが見えてくるパシフィック・ネーションズカップがはじまった。

 

rugby-rp.com

 

昨日、フィジーとの初戦を、ホームで、被災地の釜石で迎えた日本が、34-21で、見事な勝利を飾った。

 

いやーやっぱ、勝ち試合を見れるって、ファンとしては幸せ。

 

もちろん、ワールドカップ前のテストマッチでどれだけ勝っても、一発勝負のワールドカップ本番では、どうなるかはわからない。

 

実際に、4年前のパシフィック・ネーションズカップでは、1勝3敗で、フィジーにも負けてたけど、南アフリカに劇的勝利をして、3勝1杯で終えたわけだし。

 

まー、それはそれとして、当然あるんだけど、それでも、勝つのはやっぱり嬉しい。

 

ラインアウトとか、スクラムといったセットプレーが安定してたのが、よかった。

 

ラインアウトのシーン、隣で見てた妻も「今日はよくとるね〜」と、現地観戦したサンウルブズの試合と比べて言ってたくらい、素人目に見ても、明らかに安定感が違った。

 

個人的には、サンウルブズ本隊の方で戦いつづけ、結果を出してきた、トンプソンルーク選手や茂野選手の活躍がうれしい。

www.nikkansports.com

 

来週が花園でのトンガ戦、再来週がアメリカ戦、その4週後に南アフリカ戦、そして、ロシアとのワールドカップ開幕戦とつづいていく。

 

開催国の日本が、どこまで進んでいくのか、楽しみ!

 

・・・こうやって、好きなものを見たり、楽しんだり、試合の結果で一喜一憂したりするっていうのも、人生の大切な醍醐味の1つ。

 

自分はなにが好きなのか

なにをしていると気分が上がるのか

どんな人といると楽しいのか

どこへ行けばワクワクするのか

 

ラグビー」に関しては、1年前に自分で好きって気づいたわけだけど、そこから実際に観戦に行ったりするようになって、日常の幸福度がめっちゃ上がった。

 

ただ、まだ、自分に自分で「蓋」をしてる部分ってきっとある思うんだけど、その「蓋」の存在って気づこうとしなければ、絶対に気づけない。

 

だからこそ、定期的に自分に聞いてあげることが大切。

 

自分自身を俯瞰的に見たり、行動を振り返りながら、改めて、自分自身に問いかけてみよう。

 

これから、どんな人生を創っていきたいのかを。