LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

怒りやイライラは成長の種

イライラの源泉って、いろいろある。

 

「人が自分の期待通りに動いてくれない怒り」とか、「人から思っていたように理解されない悲しみ」とか。

 

あと「自分が出来ないことを人が平然とやってるとき」もそれを許すことが出来なくてイラッとする。

 

でも、この本当のイライラの対象は、相手じゃなくて、自分自身。

 

あの人みたいにやりたいのに、それを素直にやるのが怖くてできない自分にイライラしてるっていうのが本質。

 

自分で我慢を選んでいる人は、人にも我慢を強要するし、人が自分のように我慢しない世界を許せない。

 

で、このイライラを本質的に手放すには、怖くても、自分自身でその恐怖に打ち克ち、あの人みたいな行動をしてみるしかない。

 

実際にやってみて、「あ、大丈夫だったんだ」「あの恐怖は幻想だったんだ」って気づいて、自分が本当に選びたかった選択を選べるようになることで、イライラする必要はなくなる。

 

イライラしたとき、自分のイライラの源泉が、一体自分のどこにあるのかを見つめてみよう。

 

人に対する勝手な期待なのか、理解されない悲しみなのか、素直にやりたいことを出来てない自分に対する怒りなのか。

 

それがハッキリすれば、対処の方法は選ぶことができる。

 

怒りやいらいらを冷静に観察してみよう。

 

そこにさらなる成長の種が隠れているからね。