LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

自分の「好き」に敏感になろう

ワールドカップ前哨戦の南アフリカ戦。

 

完敗だったけど、さすが南アフリカ

 

これぞ、ティア1、世界No.1レベルっていう試合を見せてくれた。

rugby-rp.com

 

去年の11月の日本vsオールブラックス戦からラグビー観戦をはじめたけど、今回の南アフリカ戦で4試合目。

 

ホームのはずなのに、4試合観戦して、全部負け試合だけど、どれもこれも、俺の人生を彩る最高の思い出の1つになってる。

 

昨日一緒に観戦にいった友達から「いつから見始めたの?」って聞かれて、去年の11月からっていうと「え!めっちゃ最近じゃんw」って驚かれたけど、自分でも驚くくらい、急にドハマリしてる。

 

「自分が好きなことをやろう」

 

よく聞くフレーズだけど、自分が好きなものって、意外と気づけないことって多い。

 

自分の行動って、他でもない自分が、誰よりも見ているはずなのに、盲点になってしまってることもたっくさんある。

 

だから、自分がどんなことに対して、興味があるのか、最初は「好きかも」くらいの感覚でもいいから、その感覚を大切にしてあげることが大切。

 

俺みたく、自分の「好き」のセンサーを無視しつづけてきてたりすると、すぐにセンサーが反応するものがわからなくなってる。

 

だから、ちょっとした、「あ、これいいかも」っていう、ちょっとでも自分が「キャッ」とする感覚のものを丁寧に1つずつ探して、集めていく感じ。

 

自分がその日に着る服でもいいし、ランチに食べたい!って思ったものを食べるのもいいし、読みたい本をすぐに買って読むのもいい。

 

「好き」で自分の生活を満たしていくと、何気ない1日が幸せな1日になる。

 

そのキッカケは、自分で自分の「好き」のセンサーをしっかり磨き、働かさせてあげること。

 

今日、1日の中で、どれだけ自分の好きなことをできたかな?

 

振り返ってみて、どうしたら、明日の1日を自分の「好き」で満たせるかっていう視点で考えてみよう。

 

そこから幸せな1日づくりが始まる。