LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

夢はリアルに考えよう。

先日、4年後の予祝について書いたけど、それを早速修正することにした。笑

www.unokazuyasu.com

 

上の記事では「今回のW杯では、2試合を見たから、次はもっといい席で、もっと見たい」って思って、プール戦+準々決勝の5試合を目標って思って書いたんだけど、それを実際にやるにあたって、リアルに考えてみた。

 

プール戦と準々決勝のすべてを見ようとすると、1ヶ月以上、フランスに滞在することになる。

 

フィリピンに3ヶ月、オーストラリアに2年住んでたことがあるから、自分ひとりだけだったら全然問題ない。

 

ただ、宿泊場所、食事、治安、体調・・・など、リアルに考えると、奥さんをつれて、1ヶ月以上海外生活をするってなると、結構大変。

 

・・・で、考えた結果は、予選や決勝トーナメント含めて、2試合を見れたら大満足だなっていう気持ちになった。

 

短くて1週間、長くても2週間ほどの滞在で、最初考えた1ヶ月超の半分以下だけど、今の自分にとっては、ここがちょうどいいポイントだった。

 

こんな風に、目標や夢って、リアルに考えることが大切。

 

意外と、リアルに考えてみると思ってたより快適じゃないなってわかったりするし、自分が気づいてなかったデメリットが見えることもある。

 

例えば「稼げるようになりたい!」って表面上は思ってても、実は深層心理では「そんなに忙しいのは嫌」なんて思ってたりしたら、前には進まない。

 

ブレーキ踏みながらアクセルを踏むようなものだからね。

 

だからこそ、自分の中で、夢や目標、やりたいことや行きたい世界について、メリットやデメリットも含めて、ぜーんぶ考えてみて「それでもやりたいことなのかどうか?」っていう対話をすることが、夢を叶える第一歩。

 

ぶっちゃけ、ここがぶれてると、予祝しようがなにしようが、自分自身の軸がブレブレだから、叶わない。

 

先に出した例でいうと、お金を稼ぎつつ、時間を得るのも、やり方によっては可能なわけだから、それを探すっていう別の道も見えてきたりするわけだからね。

 

・・・ってことで、自分のやりたいことをリアルに考えてみようっていうお話でした。

 

ただの想像や妄想に過ぎなかった世界を、具体的に考え、リアルな世界に感じるだけで、一歩その世界に近づけるからね。