LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【レビュー】NumberPLUS 桜の証言。

今日発売された、Numberの増刊号を購入し、早速読了。 

 

ラグビーワールドカップ関連の本は、ペーパーブックで買ってきたんだけど、 先日、ふとKindleのリストを見てたら、4年前の2015年のイングランド大会後のNumberが出てきて。

 

読み返してみたら、この4年間の変化を感じられたのがめちゃめちゃ面白くってね。

(ちなみに、この4年で1番変化したのは、堀江選手の髪型じゃないだろうかww)

 

4年後にまた、この楽しさを味わいたいな〜って思ったのもあって、4年後にも残ってる可能性の低いペーパーブックじゃなく、あえて電子書籍で購入した。

 

肝心の内容だけど、さすがは「完全保存版」と銘打ってるだけあって、どのページを開いても、超濃厚。

 

勝戦の詳細

五郎丸選手による決勝のレビュー

沢木敬介さんによる決勝の解説

ダン・カーター選手へのインタビュー

「桜の証言。」と題した、日本代表選手たちのインタビュー

全試合完全リザルト

 

などなど。

 

この、日本で開かれた最高の44日間のお祭りを振り返るには最高な1冊。

 

1ページ1ページ、味わいながら読んだけど「ホント、夢のような44日間だったな〜」って感じてたら、あっという間に読み終わっちゃった。

 

・・・で、ひと通り読み終わってハッキリとしたのは、準々決勝の南アフリカ戦は、やはり、日本は、完膚なきまでに叩きのめされたんだなってこと。

 

選手へのインタビューでも語られているけど、スコア上の差だけじゃなく、選手が実際にその肌で感じた、優勝した南アフリカの強さっていうのは、やっぱり嘘じゃなかったんだなって。

 

テレビの映像でも「南アフリカ強かったです」って選手が言ってたけど、文字と写真っていうアナログな世界で振り返ると、より、その現実っぷりを見せつけられた感じがする。

 

ただ、そんな強烈な一戦を経験した選手たちが、再び、これからの4年間でどのようなストーリーを歩んでいくのかが、ただただ本当に楽しみになってくる。

 

とにかく、ワールドカップロスになっているような人には、最高の1冊になるので、ぜひ読んでみてね。

 

4年前の1冊と同じように、この1冊もまた、4年後に楽しく読めるかもしれない。