LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

ネガティブをオープンにしよう。

正直、いいことばかりを言ったり、考えつづけられるほど、俺って人間ができていないw

 

・・・っていうか、人ってそんなもんだと思っていて、みんながみんな、聖人君子のような存在じゃない。

 

少なくとも俺はそうで、腹が立つこともあれば、イライラすることもあるし、自分の健康や将来が不安になることもある。

 

以前の俺は、それを自分の中で抱え込んで、どうやって解決しようかとこねくり回していたけど、自分の中で消化しきれないこともあって、そういうときはどうやっても苦しさしか残らなかった。

 

ただ、最近の俺はどうかというと、以前と同じように嫌なこととかムカつくことは起きるんだけど、自分の中でどうにもならないことは、とにかく人に話すようにしている。

 

悩んでる自分、不安を感じてる自分って、かっこ悪いし、できれば人に見せたくない。

 

でも、そんな自分のネガティブな部分、できれば人に見せたくない部分を人にオープンに話してみることっで、意外と早く解決できることって多いなって感じてる。

 

もちろん、誰彼かまわずそういう自分の恥部をオープンするのは反対だけど、ムカつくことがあったときに一緒になって悪口を言ってくれる友人には、腹割って話してみよう。

 

自分の中だけでは解決できなかった問題が、意外と問題じゃなかったって気づけるかもしれないし、そうじゃなくても、一人で悩み続けるよりは早く解決する。

 

話す=離す。

 

いつまでも自分の中で問題を抱え込んでないで、はやく、はなしてみよう。