LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

下心満載でGO!

「この世は行動の星」とは斎藤一人さんの言葉だけど、本当にそのとおりで、タクシーですら、念じてるだけじゃダメで、手を挙げなければ止まらない。

 

・・・で、さらにいうと、人は行動、そのの下でどう考えてるかなんで、誰にもわからない。

 

例えば・・・

 

緊張していようが、胸を張って堂々とした態度でいたら「堂々とした人だ」と判断されるし、イライラしながらでも、スキップしてたら「楽しんでる人だ」と判断される。

 

「いいこと探しをする」

「あるものに目を向ける」

「受け取ったものにフォーカスする」

「我慢しない」

「人に頼る」

「感謝を味わう」

「トイレ掃除する」

「収入の10%を貯金する」

「自分を褒める」

「人を褒める」

「1万円賽銭する」

 

・・・などなど、すでに成功してる人が推奨してる「こうしたほうがいいよ」っていう行動っていろいろとある。

 

こういう行動を下心があろうがなかろうが、四の五の言わずに、まずは、とにかくやってみる、素直さが大切。

 

1度やってみて、自分に合うものは取り入れればいいし、合わないものはやめればいい。

 

さらにその先は、その教えてくれた人に対して、やってみて起きたことを、可能な限りフィードバックするといい。

 

さらに一歩進んだ行動や、その成長に応じたアドバイスをもらえたりする。

 

教えてくれる人も喜び、自分の成長にもつながる。

 

人は人の助けることに喜びを感じる生き物。

 

下心満載だろうがなんだろうが、まずは、行動。

 

人にうま〜く頼りながら、成長しつつ、進んでいこう。