LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

この世にいるだけで素晴らしい。

あなたは、この世にいるだけで、素晴らしい。

 

特に、子供が生まれたときに実感するけど、人は、この世に生まれただけで素晴らしい。

 

だけど、成長していくなかで、存在していることが自分でも当たり前に感じるようになり、周りに存在している人に対しても、当たり前に感じ始める。

 

そういう勘違いをしはじめた頃に、親族や家族といった、当たり前のはずだった人の「死」にふれることで、当たり前じゃなかったということを思い出す。

 

そしてまた、日常に戻り、忘れる。

 

「忘れる」ってのは人の能力の1つで、いい面もあるし、悪い面もある。

 

嫌なことを忘れることはプラスだし、素晴らしいことも忘れることはマイナス。

 

ただ「自分は、この世に生まれただけで素晴らしいんだ」っていうことを忘れて生きてると、「自分ってダメだな〜」って思ったり、辛いことや嫌なことに意識が向くようになっていく。

 

「感謝」と「不安」を同時に感じることはできない。

 

「自分は素晴らしい」と「自分はダメ」と同時には思うことはできない。

 

どちらに意識を向けるか?

 

どちらに意識を向けて、生きていきたいか?

 

自分が選んだ世界観の中で、自分は生きている。

 

「自分は、存在するだけで素晴らしい」ってことを思い出してみよう。

あなたの物語―人生でするべきたった一つのこと

あなたの物語―人生でするべきたった一つのこと