LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

毎日食べてるものを見直そう。

頭が痛いほどじゃないけど、重い。

季節のせいか、肌の乾燥が気になる。

不調っていうほどじゃないけど、なんだかスッキリしない。

 

そんな風に感じてるときは、まず、食事を見直そう。

 

特に、毎日摂っているものの中に、今のあなたの体に合わないものが入ってる可能性が高い。

 

良かれと思って摂っているものにもかかわらず、意外と合わないってこともあるから、冷静な目で、自分自身の食事の内容を振り返ろう。

 

疑わしい食品が見つかったら、1週間ほどその食品を除いた生活をしてみよう。

 

合わない食品だったかどうかは、体という結果が教えてくれる。

 

正解であれば、体調にいい変化が訪れるし、不正解であれば、変わらない。

 

そうやって繰り返しながら、自分に合う食生活を模索していく。

 

「100%すべての人に合う食生活」なんて、無い。

 

一人ひとりの体の状態によっても違うし、それを一概に言うことはできない。

 

自分になにが合うのか、本当にその答えを知ってるのは、あなた自身。

 

食事の内容の変化による、自分自身の体の変化に、もう少し目を向けてみよう。

 

あなたの体はあなたに、常にメッセージを送りつづけている。

 

そのメッセージに気づけるか、気づけないかで、将来には大きな差になる。

 

本格的な不調になる前に、自分の変化に自分で気づいて、不調の芽を早めに取り除こう。