LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

お酒の原料って、気にしてる?

お正月ってことで、元旦から、珍しく日本酒を堪能している。

f:id:unokazuyasu:20200101014030j:plain

仁井田本家・燗誂(かんあつらえ)

今回のお酒は、福島の仁井田本家っていう蔵元の、燗誂(かんあつらえ)っていう、熱燗で飲むのに適しているというお酒。

 

飲んだあとでHPを見てびっくりしたけど、江戸中期の1711年創業という、超老舗だった。

1711.jp

 

そもそも、なんで今回これを選んだかっていうと、まずは、自然酒だったから。

 

どういうことかっていうと「食事=自分の体」っていう絶対則があるから、自分の体に入るものの質にはできるだけこだわりたいと思ってるんだけど、それはお酒にも当てはまる。

 

そう考えると、より自然な材料で、自然な形で作られたものを取り入れるのがいいのかなっていうのが自然な発想で自分の中にあって、それで選んだのが自然酒ってわけ。

 

自然酒って調べるといろいろと出てくるんだけど、俺のような斎藤一人さん好きには、寺田本家が、まずはピンとくると思うけど、一人さんの話でよく出てくる、寺田の社長ってのは、この蔵元さんのことね。

www.teradahonke.co.jp

 

寺田本家さんのお酒も美味しいから、もちろんここでもよかったんだけど、熱燗で美味しいっていうことで引っかかったので、今回は仁井田本家さんを選んだ。

 

で、その結果、マジで美味しい。

 

そして、飲んでも嫌な酔い方を全くしない。

 

ガキ使を見ながら飲みつづけてたんだけど、一升瓶の半分以上も飲んでしまったw

 

日本酒を1升飲む自信なんてまったくない俺が、このお酒なら、多分飲めちゃうって感じるくらい、俺の体にとってはめちゃめちゃ負担の少ないお酒だった。

 

原料からこだわって作られてるものって本当にすごいな〜って感じるし、味だけじゃなく、体への変化としても体感できるから、日本酒好きな人は、ぜひ1度飲んでみてほしい。

 

お酒も原料からこだわると全然違うってことが、きっとあなたにもわかるからね。

 

また1つ、「食」という世界の面白さに気づけると思う。

 

仁井田本家、ぜひチェックしてみてね。