LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

体は常に正しい。

体の反応は常に正しい。

 

なにかをしたときに痛みが出るのも、がん細胞ができることでさえも。

 

原因があって結果があるから、体の反応という結果は、なにかしらの原因があることを教えてくれているだけ。

 

痛みとか不調って、たしかに嫌な感覚ではあるんだけど、体からしたら危機的状態だということを教えてくれているわけで。

 

その痛みとかがあることが、実は、体にとっては都合のいい状態っていう前提がある。

 

痛み・不調=体にとって都合がいい状態

 

そう捉えると、じゃあ、どうすればいいかって考えると、なんで都合がいいのか?と考えてみるといい。

 

もしかすると・・・

 

その痛みがあることで、嫌なことを考えなくていいのかも知れない

 

その痛みがあることで、誰かから助けてもらいやすいのかも知れない

 

その痛みがあることで、なにか嫌なことをしなくていいのかもしれない

 

あるいは、単純に栄養のバランス状態が崩れていることを教えてくれていることもある。

 

自分自身の不調の原因を探るアプローチは、呼吸、食事、思考、体の使い方、生活環境の5つ。

 

今の痛みや不調のある状態が体にとって都合がいいとしたら、どんなことが原因なのか?

 

本当は自分が1番よくわかっている。

 

パズルゲームを解くように、不調の原因探しを楽しんでみよう。