LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

食事の乱れは、心の乱れ。

自分の食生活と、自分の心の状態をよ〜く見てると関係が見えてくることがある。

 

例えば、俺の場合。

 

お菓子とか、ラーメンとか、ジャンクなものを食べたくなるときがあって、そういうときは決まって、自分の心が満たされていない状態。

 

逆に、心が平穏な状態だと、そういった類のものを欲することって全然なくて、お家の質素というか、普通な食事で必要十分で、他の余計なものを欲さない。

 

じゃあ「心が満たされている状態ってなに?」っていうと、しっかりと定義することは難しいんだけど、家族や仕事で関わる人達と、十分にコミュニケーションが取れている状態っていうのが、1番近い感覚かな。

 

ちなみに、この相関に気づいたのって、実は、奥さんの存在でね。

 

結婚して一緒に生活する前って、俺って、よくラーメンを食べててね。

 

それこそ、健康という言葉とは正反対に位置するような、超ジャンクな二郎系ラーメンもよく食べてたんだけどw

 

それが、結婚して、一緒に生活するようになって3年位経つけど、それ以来、二郎系ラーメンには1回も行ってない。

 

たま〜に、二郎系じゃないラーメン屋には行ったりするけど、そのときがどんな状態かって振り返ってみると、何かしらに対して不満というか、スッキリしていない状態のことが多い。

 

自分で自分を観察してて面白いな〜って思うけど、体と心は繋がってるし、食生活と心も繋がってる。

 

もし、あなたがジャンクなモノを欲することが多いなら、自分の心の状態を見つめ直してみると、なにかヒントが見つかるかもしれない。

 

ゆっくり、お茶でも飲みながら、自分自身と話し合ってみよう。