LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

お金の扱い=自分の扱い。

目的なく貯められなかったはずの自分が、少しずつだけど貯められるようになってきた。

 

意識の変革なく、行動の変革ってないから、自分自身でもお金に対する考え方が変わってきたような気がする。

 

ってことで、昨日に引きつづき「お金に対する考え方ってどうやって変えてきたんだろう?」ってことをさらに振り返り。

 

www.unokazuyasu.com

 

この間にどんなことをやってきたかな〜?って考えてみると思いついたのは・・・

 

・嫌なことは「嫌!」と断るようになった

・嘘をつかなくなった

・自分の本当に好きなものにお金を使うようになった

 

自分の気持ちや感覚って、自分だけしか大切にすることができないのに、自分で自分自身の気持ちって不当に扱ってしまいがち。

 

なぜか他人を優先して、自分自身には我慢を強いたり、嫌われないようにするために、嘘をついたり、満たされない状態から本当は欲しくないのものに散財してしまったり。

 

俺の場合、要するに、自分を大切に扱うように意識しはじめたことで、自分のお金の扱いも変わったぽいけど、人の悩みの根源って、やっぱり自分自身が原因。

 

人間の悩みって、人間関係、健康、お金の3つだけど、その根本は、自分自身を自分自身がどう扱うか、だね。

 

その根本が変わることで、その上にある技術とか情報も役立ってくるわけだけど、上っ面だけ変えようとしてもなかなか変わりづらいらしい。

 

自分の嫌なものや嫌いなことに対して、我慢強く生きちゃダメ。

 

どこかで、その我慢のしわ寄せはくる。

 

逆を言えば、嫌なことが起きたら、自分が変化するチャンス。

 

毎日訪れるチャンスを活かして、成長していこう。