LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

いい文章はいい本から。

今のあなたじゃ理解できないような難解な物言いの本を読むこともいいし、

 

文字だけの描写で人が涙を流すほど想像力をかきたてる本を読むのもいいし、

 

今のあなたに必要な、勇気づける言葉やノウハウを与えてくれる本を読むのもいい。

 

そうやって、継続した読書、インプットをしていくことで、自然とわかりやすい言い回しや表現力、そして、理解力もが身についてくる。

 

もしできるなら、そのインプットした内容を家族や友人に話せる、アウトプットできる環境があれば、なおのこといい。

 

中田敦彦さんのYoutubeでは、読書のまとめをアップしてるけど、彼は、あのアウトプットの場があることを前提に読んでるから、大半の読者以上に、1冊の本から大量のインプットをしている。

 

だから、たとえ、誰が見ていなくとも、読書の質を高めるには、Youtubeチャンネルを作って、動画をアップすることが、1番の近道かもしれない。

 

で、日本語っていう母国語を扱っている人同士でも、その扱いに長けているかどうかって、普段の何気ないメッセージのやりとりで起こりうる。

 

そのメッセージのやり取り1つでも「こいつ使えねーなw」と思われることもあれば「こいつ、すげーなw」と思われることもある。

 

言語は、自分の実力がもろに表れる道具の1つで、諸刃の剣。

 

日々、いい文章に触れつづけることで、その力をしっかりと磨いていこう。