LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

「もし〇〇だったら…」で考えよう。

感情的になってる自分の思考を理性的に変えたり、抽象度が下がってる状態を上げたり、人称度を下がってる状態を上げたり・・・って、その問題の渦中にいると、意外と難しい。

 

特に、家族や身内など、近い関係の人ほど、なにかが起きたときに感情的になりやすいので、訓練が必要。

 

自分の理性と感情のコントロールして、抽象度と人称度を高く保つことができれば、常に、本来の自分らしい選択を選ぶことができる。

 

じゃあ、そのためにどうするかというと、まずは、普段から、理性的に考え、抽象度を高い思考、人称度を高めたものの見方を意識することが大切。

 

それで、感情的になってしまったときはどうすればいいかというと、他の人の脳みそを借りる。

 

それが、タイトルにも書いた通り「もし、〇〇だったら…」で考えるってこと。

 

例えば、俺でいうと、感情的になって、自分の視野が狭くなると、自分でも正しい判断ができそうにないって分かる。

 

そういうときに、

 

「もし自分が、Dr.苫米地だったら…」

「もし自分が、石原明さんだったら…」

 

って感じで、別の人の思考でものを考えるうように意識してみると、面白いくらい、冷静なものの見方ができるようになってくる。

 

ちなみに、なんで、この2人を例に出したかっていうと、俺の中で、常に冷静沈着で、ものごとを俯瞰しつづけてる人っていうと、この2人がパッと思い浮かんだのでw

 

で、この「〇〇」は、自分がすごいって思うような人で考えてみるといい。

 

あなたの憧れてたり、好きって感じる人の思考を借りる感覚だけど、実際には、それはあなた自身の思考。

 

だから、その思考が定着していけば「〇〇」っていう仮で感じてた思考が、あなた自身の思考になる。

 

思考は癖であり、習慣。

 

思考もどんどん鍛えていこう。