LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【感想】できる社員は「やり過ごす」

2020年に読んだ本4冊目。

 

石原明さんがオススメしてた本、「できる社員は『やり過ごす』」。

f:id:unokazuyasu:20200210225649j:image

 

www.ishihara-akira.com

 

「日本企業が組織としてどのように動いているのか」

「仕事に対する満足はどこからくるのか」」

「人が会社を辞める・辞めないはなにで決まるのか」

 

など、多岐にわたって、タイトルからは全く想像できなかったけど、めちゃめちゃリアルな日本企業の分析結果や考察が、超真面目に書かれている。

 

で、特に読んで感じたのは「見通し」の大切さ。

 

本にも書かれてるけど「アルプス山脈で遭難した軍隊が、ピレネー山脈の地図を、アプルス山脈の地図だと思いこんで行動した結果、無事に助かった」っていう話も、この「見通しの大切さ」を教えてくれる。

 

※その話↓

www.og-cel.jp

 

この「見通し」って言葉は、本を通して、何度も何度も出てくるんだけど、それくらい企業や組織にとっては大切で、その有無で、人や組織の動きが全然変わってしまう。

 

また、この「見通し」以外にも、組織が組織として機能するためにはどんなことが必要で、実際の企業ではどんなことが行われているのかを、この1冊読むことで知ることができる。

 

自分が経営者となったときにまた読み直したら、今とは全く別の本に見えるんだろうな〜って思うので、また数年後に読み直したい1冊。

できる社員は「やり過ごす」 (日経ビジネス人文庫)

できる社員は「やり過ごす」 (日経ビジネス人文庫)