LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【感想】相場師一代

2020年10冊目。

f:id:unokazuyasu:20200219232639j:image

 

土井英司さんの著書で紹介されていた1冊。

 

今まで全くその存在を知らなかった「是川銀蔵さん」という方の自伝本。

 

前に読んだ、米長邦雄さんとはまた違う、女にも酒にも手を出さないという勝負師の一生が描かれている。

 

小説でも書けないような、現実の話。

  

「波乱の人生を生き抜く!」って書いてあるけど、本の最初から最後まで波乱しかなく、文章にあっという間に引き込まれて、気づいたら読み終わっていた。

 

日本の歴史の中で、是川銀蔵さんが、その先見性でどのように稼いで来たのか、そして、失敗した話も、ご自身の口から語られているんだけど、本当にそのアップダウンが壮絶すぎてクラクラする。

 

この本を読んで思ったのは「とにかく勉強あるのみ!」というその1点。

 

是川さんが稼いできた元となった先見性自体も、是川さん自身が勉強してきた中で得た知識や知恵をフル活用し、世界の流れを読むことで、成り立っている。

 

収入のない時代に、3年間図書館に通い続けて、勉強し続け、その後、その勉強した中で得たもので稼いでいったっていうストーリーには思わず、胸が高まる。

 

この本を読んだ読後感としては「勉強不足」という4文字しか頭に浮かばなかった。

 

90歳を超えて、勉強をしつづけた人生のお手本となる方の自伝。

 

ぜひ読むことをおすすめする。

相場師一代(小学館文庫)

相場師一代(小学館文庫)