LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【実験】1日3食の気づき

食事のタイミング、睡眠の質のバランスって非常に繊細。

 

1日3食生活をはじめたんだけど、やはり、3食目のコントロールが難しい。

 

できるだけ、寝る3時間前には食事をとらないようにしたいところだけど、昨夜は2時間前まで食べていた。

 

その結果がどうなったかっていうと、今までは5時前には自然と目が覚めてたのが、今朝は、アラームに起こされるまで起きられなかった。

 

やはり、寝る前の食事のタイミングは、睡眠の質に大きな影響を与えるね。

 

睡眠の時間自体はしっかり目にとってたから、起きたときに嫌な眠気は感じなかったけど、食事のタイミングの違いだけで、こんなに違いがあるだなっていう発見があった。

 

「寝る3時間前までに夕食をとる」って一般的によく言われてるけど、実際にやってみると、ある程度の信ぴょう性があるってことが分かる。

 

「体重を減らさずに、早寝早起き生活をする」っていう目標を達成するためにはじめた今回の実験生活だけど、まだまだ改善の余地がある。

 

自分のパフォーマンスを、最高にいい状態で発揮するための生活リズムを、日々模索していく。