LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

技術者と、経営者と、自分の求めるあり方と。

なにかしら素晴らしいものを世の中に広げていこうとしたら、ずっと現場に立ちつづけることって、できなくなるし、ある意味でそれは正しい。

 

技術者から、経営者へと、どんどん変わっていく必要がある。

 

どんな世界でも、自然な流れでいうと、いちスタッフからはじまったとして、素晴らしいサービスを提供していれば、お客さんはリピートするし、紹介もする。

 

どんどんお客さんが増えていって、その店だけで対応できなくなれば、店を増やす必要があるし、そのスタッフも必要になっていく。

 

店が増えれば、それぞれ店を見るそれぞれの長が必要だし、その長が増えれば、今度はその長を見る人も必要になっていく。

 

・・・というのが、拡大路線ベースの基本。

 

逆に、店を増やさず、ミシュランの星付きのお店のように、1つの店舗でできるだけ価値を高めていくというのも1つの方法で、これだったら、技術者としての自分も、経営者としての自分も両立できる。

 

結局は、自分がなにを求め、どんな自分になりたいか?っていうのが根本にあって、ビジネスはそれを表現していくための手段。

 

だからこそ、まず考えるべきは

 

「どんな自分になりたいのか?」

「どんな自分でどんな人生を送りたいのか?」

 

ということで、つまりは、自分の理想。

 

理想的な自分で、理想的な人生を送るとしたら、どんな仕事やビジネスをしているだろう?

 

逆算して考えてみよう。