LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

今こそ、体に意識を向けよう。

連日のコロナ報道。

 

そのネガティブな情報に触れているだけで、影響は出る。

 

正確に言うと、そういったネガティブな情報に触れ「つづけて」いると、影響が日に日に出てくる。

 

心と体はつながっているわけで、四六時中、不安な状態になっていることって、ものすごく不自然な状態。

 

だから、ものすごく不自然な体の状態を作っていく。

 

早めに自分の心の不調に気づいて、入ってくる情報を選んだり、減らしたりできればいいけど、なかなか早いタイミングで気づけないし、気づいても、実際に対策を打つことは難しい。

 

心がけていても、無意識にテレビをつけるといった習慣が、無意識にそういった情報を取り込んでしまう。

 

なんだか、最近、イライラする、ストレスが溜まってる、そう変化を感じてるあなたは、要注意。

 

こんなときこそ、体に意識を向けてみよう、リラックスする時間をつくってみよう。

 

無意識でネガティブな情報に触れて、無意識で緊張してしまっているのだから、ネガティブな情報にふれる時間を減らすことができないのなら、体からアプローチする。

 

つまり、意識して、緊張を解す。

 

ゆっくりと、おおきく息を吐くだけでもいい。

 

ストレッチや、心地よく感じるように伸びたりするのもいいし、瞑想になれてるのなら、瞑想するのもいい。

 

できるだけ、自分の感覚に集中できる環境を作って、ゆるむ感覚や心地よさといった、自分の体の感覚に意識を向けてみよう。

 

不安を感じるってことは、「イマココ」に、あなたは、いない。

 

過去か、未来に飛んでいる。

 

体の感覚に意識を集中することで、イマココに戻ってくることができる。

 

不安を感じることは悪くない。

 

それ自体は正常なシステム。

 

ただ、それを自ら選びつづけると、心身が警報を鳴らしはじめる。

 

できるだけ、早くその警報に気づき、自分自身をいたわろう。

 

テレビの中の「誰か」のことは一度おいといて、まずは、あなた自身に矢印を向けてみよう。