LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

【実験】ウルトラデトックス④

2週間を予定していた、ウルトラデトックスが、昨日終わったので、今日は、この2週間での変化や気づきについて。

 

(これまでの経緯はこちらから↓) 

www.unokazuyasu.com

www.unokazuyasu.com

www.unokazuyasu.com

  

 

体重と脂肪が減った

まず、数字的な変化について。

f:id:unokazuyasu:20200701102004j:image

実験前は、体重61〜62kg、体脂肪率10~12%で推移してたのが、実験後、58kg、8%になったので、体重は3〜4kg、脂肪は2~4%ほど減った。

 

カビを含めた毒は、体内の脂肪に蓄積すると言われている。

 

俺はもともと、身長183cm、61~62kgという、明らかな痩せ型。

 

脂肪もほとんどないから、カビ毒の蓄積は心配してなかったし、実験前後で体重は変わらないと予想してた。

 

・・・が、その予想が大きくハズレて、2週間でこんなに落ちてたのがわかって、マジでビックリした。

 

この体重、体脂肪率の人間で、これだけ変化するなら、世の大半の人って、めちゃめちゃ脂肪に毒を溜め込んでるんじゃないかな。

 

情報を入れなくなった

体内のデトックスをしたり、食生活を変えることによって、性格や意識は確実に変わる。

 

なぜなら、実は「体」っていうのはただの入れ物で、それを実際にコントロールしているのは、腸だから。

 

で、今回の実験前後での俺の変化でいうと、情報を入れなくなった。

 

テレビはもともと見てないけど、時間があるときにちょこっと見てたYahoo!やニュースサイトなども全く見なくなった。

 

見てる情報は、せいぜい天気予報くらい。

 

SNSも、インスタは自分が写真をアップしているから見てるけど、FBもあまり見なくなった。

 

で、この情報に触れたくない感覚は、ネット上の情報だけじゃなく、本に関しても一緒で、全然読みたいって気持ちが湧かない。

 

高城さんの新刊「高城式健康術55」も発売日に予約して買って、2週間くらい経つけど、ほとんど読めてないw

 

体のデトックスをすることで、情報のデトックスも促されるらしい。

 

これだけ情報に触れないようになると、知らない間に情報デブになっていたのかなと感じる。

 

大豆製品が合わないことがわかった

今回挙げた3つ以外にも、いろいろと小さな気づきはあったんだけど、その中でもこれは、今回の実験中、1、2位を争うくらい、自分の中では大きな気付き。

 

豆乳や納豆、味噌とかって健康的なイメージがある人は多いし、俺自身、悪いイメージは全くもっていなかった。

 

今回、レクチンフリーっていう、はじめての試みをしたんだけど、これは、本来は大豆もアウト。

 

だけど、豆乳ヨーグルト、納豆、味噌に関しては、発酵してるからってことで、OKにしてたんだよね。

 

実験期間中の食事って、発芽玄米メインで、品数も少ないし、そんなにバリエーションもない。

 

小麦粉と砂糖、牛乳、乳製品、卵、アルコール、そして、レクチンと、しっかり節制してるにも関わらず、なぜか肌にかゆみがでるときがあって。

 

「かゆみが出る=なにかしら合わないものを摂ってる」

 

っていうわけだから、その原因を考えてたんだけど、原因がわからなすぎて、すっげー不思議だったんだよね。

 

んで、怪しいと思われるものを1個ずつ削って、その変化を観察して・・・ってやりつづけた結果、実験の最終日になって、ようやく大豆製品を食べた後に、体にかゆみが出てることがわかった。

 

これだけ節制して、サプリも使ってデトックスしてるのに、肌の調子が上がらないのはオカシイ!!って思ってたんだけど、知らず知らずのうちに、合わないものを摂っていた。

 

しかも、健康的と思われているものを。

 

ほんと、まさか!!?って感じ。

 

・・・ってことで。

 

今回、2週間って期間を決めて行った実験の、まさかの最終日に、こんな大切なことに気づいちゃったので、大豆製品もカットした実験生活をさらに1週間継続することにした。

 

「世の中で常識とされている情報が、必ずしも自分に合うかどうかはわからない」

 

それを実感するための2週間だったみたいw

 

合わないものを摂ってはいたけど、デトックスして、ある程度の下地はできてるはずなので、この後の1週間で、調子を上げていく。