LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

問題の本質を理解して行動しよう。

レクチンフリー、カゼインフリー、グルテンフリー、シュガーフリー、エッグフリーなどなど、いろいろと食生活に制限をかけて実験してる俺だけど、闇雲に制限をしてるわけじゃない。

 

https://www.instagram.com/p/CCgPwAWHWZI/

 

「質のいいものが手に入れば」という条件付きで、食べてオッケーにしているものもある。

 

どういうことかっていうと・・・

 

まずは、

 

一切合切を制限して、自分の健康を守る

 

ってことはたしかに大切。

 

そして、次のレベルとしては、その問題の本質を理解することが大切。

 

例えば・・・

 

レクチンフリーだから

レクチンが含まれるものは摂らない

 

っていうのもいいけど、レクチンの無毒化調理するっていうのも1つ。

 

カゼインフリーだから

牛乳は摂らない

 

っていうのもいいけど、問題になってるカゼインA1が含まれない、牧草育ちのジャージーやブラウンスイス種の牛乳、あるいは、山羊乳などを選ぶっていうのも1つ。

 

グルテンフリーだから

小麦は摂らない

 

っていうのもいいけど、自然栽培で育てられた古代小麦を、石臼引きで挽いたものを使うのも1つ。

 

なぜ、摂らないほうがいいのか?

 

なにが、問題を引き起こすのか?

 

どうしたら、解決するのか?

 

そういったことを調べ、考えれば、選択肢は出てくる。

 

あなたの不調の原因は、あなたの生活の中にしかない。

 

息・食・動・想・環。

 

普段、あなたは、どのような呼吸をし、どのような食事をとり、どのように体を動かし、どのようなことを考え、どのような環境に生きているのか?

 

あなたの生活を、あなたほどわかっている人はいない。

 

自分の生活を振り返り、問題の原因を見つけ、その具体的な解決方法を考えてみよう。