LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

2021年の目標

1年間の反省と考察をしたので、次は、明日からはじまる、新たな1年の目標について。

 

www.unokazuyasu.com

 

 

2021年のテーマ 「凡事徹底」

やりたいことの前に、まずは、明日からの1年を通して「どう生きていくのか?」「どんな自分で在りたいのか?」を表すテーマ。

 

それはなにかというと、ずばり・・・

 

凡事徹底

 

先日、石原明さんの「成功曲線セミナー」というセミナーを受け、改めて、中長期的なスパンで、自分の成功曲線を描く大切さを気付かされた。

 

目標ややりたいことをトップダウンで考え、そのための行動をボトムアップで積み重ねる。

 

日々の小さな行動を積み重ねていくことで、あるとき、グッと上昇気流に乗る。

 

2020年は「個として強くなる」という、抽象的なテーマにした結果、日々の行動には全く落とし込めず、当然、達成もできなかった。

 

その反省を踏まえて、今回のテーマ設定。

 

自分の理想とする、健康状態や収入、人間関係ってあると思うけど、そこに至るために成功の根拠になる行動を毎日1個でもつづけていけば、結果は、自然とついてくる。

 

俺の性質上、気分が向いたときに一気にガッ!!っとやるより、毎日コツコツやっていくことのほうが性分として合っているので、毎日、課題感を持って取り組んでいく。

  

 

次に、このテーマを踏まえての、やりたいことについて。 

 

やりたいこと:健康7つ、お金2つ

血糖値を計測する

目的は、自分に合う食品や合わない食品を選び出すため。

 

・・・というのも、高城剛さんのメルマガ情報によると、自分に合わない食品を摂ると、血糖値スパイク(=血糖値の急上昇)を起こすことがあるらしい。

 

例えば、一般的には、健康的と思われている豆乳ヨーグルトで上がってしまう人もいるらしいからビックリする。

 

グリセミックインデックス(GI値)が一般的だけど、この数字って、調理の方法や食品の種類によっても変わるようなので、より個人的な食品の向き・不向きを知るには実際に見るしかない。

 

感覚的にはわかってる部分は大きいんだけど、おそらく、この感覚は曖昧なものなので、事実として数値として見て、より自分の肉体の見える化をする。

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

フリースタイルリブレセンサーFreeStyleLibre

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

脳のオイルを入れ替える

これも高城剛さんのメルマガ情報だけど、中鎖脂肪酸のカプリル酸は脳に届くらしく、脳のオイルを入れ替えることができるという。

 

「腸脳相関」って言葉があって、腸を整えることで脳の健全化できるのは知ってたし、やってきているけど、脳に食事からアプローチするっていう発想がなかったので、これはぜひやってみたい。

 

バレットプルーフコーヒー(完全無欠バターコーヒー)で有名なデイヴ・アスプリーが作っている「ブレインオクタンオイル」を使う予定。

 

バイオロジカル検査

「どんな自分になるのも、まずは自分を知ることから」ってことで次にやりたいのが、究極の見える化ってことで、各種検査。

 

SNPs検査や有機酸検査などで、自分の体(遺伝子)の持つ情報を自分で把握したい。

 

その「自分」という情報を知った上で、最適な食事、運動、ライフスタイルを再構築していく。

 

5時起き22時就寝

これまでの経験上、ある程度早起きをしているときのほうが、自分の体調もよく、生産性も高い・・・と、わかっているものの、気づくとリズムが崩れてしまう。

 

1年を通して、生活リズムを一定に保つよう、あえて「やりたいこと」に入れて、常に意識していく。

 

特に今日みたいな大晦日って特別感があってリズムを崩しがちだけど、今日もいつもどおり、この後、22時には寝て、5時に起きる。

 

当たり前のことを、どんな日も継続していく。

 

100回咀嚼

常々、何を食べるかより、どうやって食べるかのほうが大切だと思ってて、その中でもこの咀嚼の影響は特に大きい。

 

噛まずに食べる健康食より、よく噛んで味わって食べるジャンクフードのほうが体にはいいんじゃないか?と思うくらい。

 

「生活リズムを一定に保つ」ためには、それをコントロールしている、内臓の状態を健全に保つ必要がある。

 

そのために、日常的な食からの負担を最大限に減らす努力を心がける。

  

毒を摂らない

これまでも「健康は引き算から」って言ってきたし、自分自身でも実践してきたけど、引き続き、ここは意識的に継続。

 

毒(自分の体に合わないもの)を摂りすぎてると、どれだけ健康的なものをチョイスしても、健康にはなれない。

 

グルテンフリー、カゼインフリー、レクチンフリー、シュガーフリー、アルコールフリーには、すでに取り組んできていて、効果を体感している。

 

あえて、自分の体調とトレードして、これらの食品をまた摂ろうとは思わない。

 

2021年には、さらにカフェインフリーにも取り組む。

 

これは、日本で売られているコーヒー豆には、カビ毒(マイコトキシン)が含まれるっていう話があって、自分じゃどれに含まれてて、どれに含まれていないのかが、全く判断つかないため。

 

そこまでビビる必要はないっていう人もいるけど、まあ、絶対に飲みたいってわけでもないので。

 

ちなみに、どうしてもコーヒーを飲みたければ、バレットプルーフコーヒーを選ぶんだけど、正直、お高いw

 

そこまでして飲みたいか?って聞かれると、そこまでじゃないのでパス。

 

週2でタバタトレーニン

健康にとってベストな運動量はどの程度かをまだ探っているところだけど「10分以上の運動は体を酸化させる」っていう話もある。

 

そこで、最低限の時間でしっかり心肺機能を高めるためのタバタトレーニング。

 

エアロバイクでやるのが1番追い込めそうだけど、いつでも、どこでも、道具も使わないでできる、バーピージャンプでやる。

 

2020年の後半、週2〜3回ほどやってた時期もあったけど、持続しなかったので、意識的にやっていく。

 

貯蓄率20%

すでに書いたけど、2020年は、目標としてた1割貯金を無事に達成できた。

 

そこで、来年は、今年の倍の20%の貯蓄率が目標。

 

生活防衛資金を確保した上で、積立NISAなどにも手を出していけるといいな〜。

 

収入を上げる

お金の優先順位が低いときは、気にしてなかったけど、面白いことに、優先順位が上がってくると、いろいろとやりたいことも出てくる。

 

俺の最優先は健康なんだけど、その健康のレベルを上げるためにも、お金はあったほうがレベルは上げやすい。

 

やりたいことに挙げた「バイオロジカル検査」にもお金はかかるし、その検査結果を踏まえて、サプリメントが必要っていう診断が出れば、当然そこにもお金は必要になる。

 

「健康になるためにお金は必要か?」

 

と考えると、正直、あったほうが早く、いい結果に繋がりやすいし、お金のストレスで健康を害するケースもある。

 

収入を上げるための努力は、向上心を持って日々を積極的に生きることにもなるし、いろいろな面で、健康面へのメリットも大きい。

 

俺としては、より健康状態を上げるためが根本だけど、それ以外にも、やりたいと思ったことをやりたいと思ったタイミングでできる自分になるべく、収入を上げていく。

 

まとめ:成功の根拠となる行動を凡事徹底

「凡事徹底」というテーマをベースに考えたので、特別なことのほうが少ない、地味な1年の目標になったw

 

ただ、スクワットや英単語の暗記と同じく、面白みに欠け、地味なものほど、その効果は絶大w

 

この目標を意識して1年を過ごすと、間違いなく、1年後の自分は、今の自分とはかけ離れた自分になっている。

 

2021年は、理想とする自分、健康状態、経済状態を念頭において、そこへ向かい毎日、課題感を持って過ごしながら、成功曲線を描く。

 

毎日ヒットを積み重ねていったイチロー選手のように、2021年はコツコツ進んでいく。