LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

在り方✕ノウハウ。

幸せに生きる力と、実務的な仕事や経営の勉強のバランスって大切だなって思う。

f:id:unokazuyasu:20190520225342j:plain

土鍋生活スタート

我慢していることをやめる。

自分の好きなことをやる。

自分のやりたいことをやる。

自分らしい人生を生きる。

 

たしかにこれらは、幸せに生きるためには必要不可欠。

 

ただ、そうするだけで、勝手に仕事も上手くいって、お金もじゃじゃんバリバリ稼げるようになるかっていうと、それはわからない。

 

・・・っていうか、動画で心屋さんが言ってる話だと、どうやら半々っぽい。

www.youtube.com

 

まだ、自分の中でもスッキリとした流れは見えていないんだけど。

 

まず、我慢をやめるだけで、人生の質って変わる。

 

俺の例でいうと、我慢してやってきたことを意識的に断るようにしはじめた。

 

この時点で、嫌なことが減りはじめるから「人生悪くないかもな」って感じになる。

 

次に、好きなことはなにか?って自問して、その好きなことをやるだけで、人生が楽しくなる。

 

俺の例だと、会いたいと思った人に遠慮せずに会いに行ったり、ラグビーの試合を見に行くようになった感じ。

 

この「我慢をやめる+好きなことする」って時点で、以前と比べて、すっげー幸福感があるんだよね。

 

で、この楽しい空気感の自分っていう状態で、仕事をするからうまいこと流れていくんだろうね。

 

まー、ここまではなんとなく分かる。

 

で、問題は、この先。

 

上に紹介した動画でも話してるけど、やりたいことをやってるのに仕事が上手くいかない、稼げないっていうのは、どう考えてもあり得る話で。

 

この「我慢をやめる+好きなことする」をやった後で、仕事も上手くいってお金も入ってくるかっていうと、必ずしもそうはならないっぽいんだな。

 

それが、また別の心のブロックが原因なのか、経済のノウハウがないからなのは、事例をそこまで見てないからわからない。

 

ただ、俺自身で考えてみると、幸福度は上がったけど、じゃあ、最高に満足できる経済状況ですか?って聞かれると、まだイエスとは言えない。

 

だから、多分だけども、会社を経営したり、お金を稼いでいくっていう能力っていうのは、この幸せを感じられる自分になるっていうのとは、また別で磨かなきゃいけない力なんだろうねっていうのが、今の俺の結論。

 

というのも、俺が好きな心屋さんや本田こーちゃんとかも、会社経営っていう実務をしっかり勉強した上で、その上で在り方とかセルフイメージの大切さを説いてる感じなんだよね。

 

(※実際に経営を勉強したって書いてる)

ameblo.jp

 

「在り方がすばらしいから、なにもしなくてもうまくいく」っていう考えじゃなくって、明らかにイベントやセミナーのときは、ちゃーんと告知しまくってるしねw

 

そんで、俺の師匠や経営者の親友を見てても、やっぱり「在り方✕実務」を積み重ねながら進んでる感じなんだよね。

 

マインド面だけじゃなく、きちんと経済活動をしてる感じね。

 

だから、やっぱり、幸せに生きる能力(=在り方)✕お金を稼ぐ能力(=ノウハウ)っていう両輪が大切なんだろうね。

 

1年くらい前から、心屋さんとか本田こーちゃんとかに触れはじめて、自分と対話し、自分を見つめ直し、自分の前提を見直し、自分がどんな世界をつくり、生きていきたいのかを考えはじめた。

 

もちろん、この「自分がどんな世界を生きていくかを考え、実際に生きていく」っていう道は続いていくんだけども、俺の人生的に、その次の、経済を学ぶタイミングにも入りはじめた感覚。

 

だからこそ、石原明さんのポッドキャストや本もアンテナに引っかかってきたんだろうな。

 

この磨いてきた「在り方」に実務の「ノウハウ」をかけ合わせはじめたら、一体どんな結果が出てくるのか・・・楽しみだ!