LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

美と健康を大切にする人が選ぶべき良質な油 4選

美と健康には、油も大切。

 

1月の頭に買った「村山の純菜種油」が切れたので、自然栽培原料、伝統製法といった、より良質な油がないかと、探しはじめた。

f:id:unokazuyasu:20190210224841j:plain

香りも味も素晴らしい油だった!

そんな中で見つかった、俺目線で、超良質と思われる油を、今回はご紹介。

 

ただし、どれもホームページを見るだけで、買って食べてみたくなるので、注意して見るように。笑 

西川農藝

「安心安全で栄養価が高くて美味しい植物油の西川農藝」がキャッチコピーの、鳥取県倉吉市にある西川農藝さん。

www.nishikawa-agriart.com

 

見ればわかるんだけど、もう、キャッチコピーそのまんまって感じ。

 

なんと、この西川農藝さん

 

 畑から製造販売まで、自社一貫生産・管理している。

 

そして、ホームページを見てもらうとわかるけど、油づくり対して、ほとばしるほどの愛と情熱を感じる!

 

そして、さすがは、油のスペシャリスト

  • 金ごま油
  • 黒ごま油
  • 白ごま油
  • えごま油
  • 落花生油(ピーナッツ油)
  • 菜種油

と、取り扱っている油も6種類と多く、全部試してみたい。。。

 

ただの通販サイトではなく、油の知識がグンと身につくホームページなのも、スバラシイ。下に紹介する3ページは必読! 

 

【植物油の基礎知識】

makotonishikawa.wixsite.com

 

【こだわり】

makotonishikawa.wixsite.com

 

【植物油ができるまで】

makotonishikawa.wixsite.com

 

自然派きくち村

「食の向こうには 伝えたいストーリーがある」がキャッチコピーの、熊本県菊池市にある渡辺商店が運営している、自然派きくち村。

kikuchimura.jp

食品から雑貨まで幅広く「本物だけ」を売っているんだけど、これも超危険!(苦笑)

 

どの紹介ページにも、生産者の方々の愛が詰まっていて、どのページを見ていても、食べたくなってしまう。

 

今回のテーマは油なので、肝心の油はオリジナル製品のこちら。

kikuchimura.jp

 自社で作った無農薬無肥料の菜種を、熊本県熊本市にある金守製油所さんで製造している菜種油。

 

俺調べでは、金森製油所さんでは、自社油もあるけど、原料についてしっかり記載があったのがここ。育て方だけでなく、菜種の種類までしっかり記載している誠実さがスバラシイ!

 

サイト内では、他にも食用油を売っているので、興味ある方はどうぞ。

 

アサクラ

「ほんものをつくる人と 食べる人をつなぐ」がキャッチコピーの、オリーブオイルをメインにイタリア食材も扱っているアサクラさん。

www.orcio.jp

 

全国に取り扱っているお店もたくさんあるから、見たことのある人も多いかもしれない。

 

「ベストコレクション」と題された、肝心のオリーブオイルは5本。

 

どのページでも生産者さんの紹介から瓶詰め加工まで紹介されていて、「ほんものをつくる人」に対するリスペクト、そして、「ほんものを届けたい」という情熱がめっちゃ伝わってくる。

 

どれも食べてみたいけど、まず自分で頼むなら、やはりNo.1で紹介されているこれから食べてみて、他との違いを味わってみたいね。

www.orcio.jp

 

菜の花プロジェクトin甘楽

俺のホーム、群馬でもステキな油を発見!

www.soeinet.or.jp

 

群馬県甘楽町にて自然農法で作られた菜種を、お隣の埼玉県上尾市にあるヤマキ食品 さんで製造している。

 

 まとめ

ということで、俺調べによる良質な食用油脂のご紹介でした。

 

どの会社も油に対するこだわりがしっかりと書かれていて、ページを読んでいるだけで試したくなる、油への情熱とストーリー性に溢れていて、すごく楽しかった。

 

今回、調べてみて改めてわかったのは、安いものには安い理由があり、高いものには高い理由があるってこと。

 

この油に関していうと、加工されている分、原料だけじゃなく「圧搾か・溶剤抽出か」とか「湯洗いか・沈殿か」といった製法の差もある。

 

ただ、やっぱり食品って、ブランド物とかと違って、希少性というよりは、原料、製法、容器といった、1つの製品を作るコストが、純粋にそのまま値段に乗っている感じがするね。

 

自然栽培の野菜とかもそうだけど、そこまで「暴利だろ!w」っていう値段の付け方をしてるところってあんまり見ないし。

 

どこまでこだわるかは、それぞれの状況や価値観の差があるから、いろいろと調べた上で最後は自分で決めてください。

 

ちなみに、調べただけで、まだどれも買って食べたことがないから味についてはわかりません!(^_^;)

 

これから順次、試してみる予定。