LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

健康の基準は「腸」

健康的な食生活の基準は、腸。

f:id:unokazuyasu:20190522205905j:plain

間違いなく、腸にはよくないw…けど、たまにはね。笑

 

もし、迷うことがあったら

 

「腸にいいのは、どっちだろうか?」

 

で考えてみるといい。

 

生ものと加熱ものなら、加熱もの

 

冷たいものと温かいものなら、温かいもの

 

ごはんとパンなら、ごはん

 

コーヒーと玄米コーヒーなら、玄米コーヒー

 

非発酵食品と発酵食品なら、発酵食品

 

大食いと少食なら、少食。 

 

1日3食と2食なら、2食

 

よく噛まないとよく噛むなら、よく噛む

 

肉と魚なら、魚

 

大型魚と小型魚なら、小型魚

 

・・・ってね。

 

んで、腸のためにできることはいろいろとあるんだけど、1番大切なのは、60点で許すこと。

 

ゆる〜く、つづけていくことが大切。

 

完璧を目指しながらも、完璧にできなくても、許す。

 

継続力っていうのは、継続しているうちに、自然と力になるっていうこと。

 

俺の場合、毎日1〜2食だから、1週間で10〜14食くらい。

 

なので、1〜2食分くらいは、体に負担をかける食事をとっても許してる。

 

上の写真に載っけたようなラーメンも1週間に1回くらいなら、ま、いっかなって感じ。

 

とはいえ、実際には、そこまでは食わないけどねw

 

なんでかっていうとね。

 

まず、2週間、腸に気をつけた生活をしてみると分かるけど、腸が変わることで、体って楽になるんだよね。

 

んで、腸に負担になるものを食べるとその影響って出てくるわけだけど、そのマイナスを差し引いても、食べたいかな?どうかな?

 

ってことを考える。

 

それでも、ラーメン欲がそれを上回ったら、食べるって感じw

 

…というか、実は、腸に気をつけた生活をはじめると、そこまでジャンクなものは欲しなくなってくる。

 

なんでかっていうと「食べたい!」とか「飲みたい!」とか思わせてるそもそもの元凶が、腸の状態だからだねw

 

・・・ということで、健康的な食事ってどうしたらいいんだろう?って感じたら、「腸」を基準に考えてみてね。