LIVE HERE NOW

150歳まで楽しく生きるための幸せな健康学

プロ中のプロに意識を向ける

あなたはプロ中のプロとして、仕事をしてますか?

f:id:unokazuyasu:20190328093048j:plain

 

世界銀行の元マネージャーである中野裕弓さん、そして、納税日本一の大富豪・斎藤一人さん、2人の本に共通したワードがあった。

 

それは

 

プロ中のプロ

 

という言葉。

 

プロ中のプロの意識でないと楽しくないし、21世紀はプロ中のプロじゃないと稼げないというようなニュアンスで書いてあった。

 

で、プロ中のプロって聞いて、どんな人が思いつく??

 

具体的な人でもいいし、イメージでもいいし。

 

俺も、自分の中で「プロ中のプロって、どんな人だろうな?」って、思いつく人をイメージして、彼らの共通点だったり、思いつくことを考えてみる。

 

・プロに教えてる

・プロが見にくる人

・プロからお金をもらってる

・教材を売ってる

・楽しんで働いている

・稼いでる

・本を書いている

・収入の入り口が複数ある

・好きなことをやってる

・見た目に気を使ってる

・おしゃれ

・運がいい

・所作が丁寧

・マイナスな言葉を言わない

・どんな自分にもOKを出してる

・無理をしていない

・自然体

・えばってないけど、へりくだってもいない

・堂々としている

・楽しく勉強しつづけている

・俺にものすごくやさしい(笑)

・お金持ち

 

・・・思いついたのはこんなところ。

 

で、これをBE(在り方)-DO(行動)-HAVE(持ってるもの)で分けてみると・・・

 

 

BE 在り方

・おしゃれ

・運がいい

・どんな自分にもOKを出してる

・無理をしていない

・自然体

・えばってないけど、へりくだってもいない

・堂々としている

・俺にものすごくやさしい(笑)

 

DO 行動

・プロに教えている

・プロからお金をもらってる

・教材を売ってる

・楽しんで働いている

・稼いでる

・本を書いている

・収入の入り口が複数ある

・好きなことをやってる

・見た目に気を使ってる

・所作が丁寧

・マイナスな言葉を言わない

・楽しく勉強しつづけている

 

HAVE 持ってるもの

・お金持ち

 

・・・おぉ、見事にBEとDOがほとんどになった。

 

で、俺はこれからプロ中のプロになっていくにあたって、どこに向かえばいいかっていうと、このBE(在り方)にフォーカスをしていけばいい。

 

おしゃれで、運がよくて、どんな自分にもOKを出してて、無理をしてなくて、自然体で、えばってないけど、へりくだってもいなくて、堂々としてて、俺にものすごくやさしい(笑)・・・っていう在り方。

 

なんか、ここに意識を向けてくことだったらできそうだよね。

 

で、その上で、行動も上に書いたようなことを意識してやってみる、と。

 

昨日までの3日間で書いた、想像以上の夢を叶える方法シリーズでも書いたけど、意識を向けないと、気づく力は育たない。 

 

プロ中のプロとしての在り方かどうか?ってことに自分に意識を向けて、見るから、そこへ向かって自分自身が育っていく。

 

意識というエネルギーは、フォーカスしたものをどんどん大きくしていく。

 

自分の意識っていうエネルギーをどこに向けていくかって、やっぱり大切だね。

 

ぜひ、あなたもあなたにとっての「プロ中のプロ」ってどんな人なのか、どんな在り方なのかを考えてみてね。